中国の国内総生産はすでに日本の2倍以上の規模に達している。宇宙開発やスーパーコンピューターを始め、中国には世界をリードする分野も数多く存在するため、中国では一部で「すでにあらゆる分野において中国は日本を超えた」と誤解している人もいるという。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 中国の国内総生産はすでに日本の2倍以上の規模に達している。宇宙開発やスーパーコンピューターを始め、中国には世界をリードする分野も数多く存在するため、中国では一部で「すでにあらゆる分野において中国は日本を超えた」と誤解している人もいるという。

 だが、中国メディアの捜狐はこのほど、中国では若い世代の人ほど「中国は日本を全面的に超えた」と誤解していると伝える一方、これは「深刻な誤解」であり、むしろ中国人は日本のことを何も理解しておらず、何も知らないのが現状であると伝えている。

 記事はまず、日本人の中国に対する理解に比べ、中国人の日本に対する理解は、「ごく表面的な事象にとどまっている」と指摘。中国国内における日本に関する報道は「戦時中に日本が中国に何をしたか」というものが多く、中国人の対日観も今なお戦時中のままだと主張。それに比べ、日本人は政治・経済・文化・地理など、あらゆる面で中国のことを深く理解しており、日本人を前にした中国は「丸裸」になっているも等しいとした。

 続けて、日本には中国の古典文学や思想など、中国文化の精髄が今なお色濃く残されており、中国について研究する人材も非常に多く存在するのに対し、当の中国では中国文化の精髄の多くはすでに失われており、日本について研究する人材も少ないと指摘した。

 さらに、日本は中国文化の精髄をたくさん学び取ったうえに、「真面目、勤勉、厳格」といった中国人にはない優れた特性もあると主張。経済規模では中国は確かに日本を抜いたが、それだけで中国が日本を全面的に超えたとはとても言えず、中国には「中国を研究しつくている日本を軽視できる理由は何一つない」と主張。中国は歴史にとらわれ続けるのではなく、日本が中国を研究し尽くしているように「日本を研究しつくす必要があり、日本の長所を学び取る必要がある」と指摘している。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)