「リアル野球BAN」石橋ジャパンは日本一の福岡ソフトバンクホークスと対戦!/(C)テレビ朝日

写真拡大

2018年1月2日(火)夜6時30分よりテレビ朝日系で放送される「夢対決2018とんねるずのスポーツ王は俺だ!! 5時間スペシャル」に、2017年圧倒的な戦力で史上最速でパ・リーグを、その後日本シリーズも制覇した福岡ソフトバンクホークスが登場することが明らかとなった。

【写真を見る】石橋ジャパンを挑発する福岡ソフトバンクホークスの選手/(C)テレビ朝日

福岡・ヤフオクドームで初開催となる「リアル野球BAN」に登場するのは内川聖一選手、松田宣浩選手、柳田悠岐選手、今宮健太選手、さらに石橋の母校・帝京高校の後輩・中村晃選手の5人。

対する石橋ジャパンは、メジャーリーガー・前田健太投手を緊急招集。昨年は侍ジャパンの一員として石橋と対戦し、石橋の巧みな配球に苦しんだが、石橋ジャパンでの参戦となったことで金属バットの使用が可能に。PL学園時代、4番を務めた打力の復活に期待がかかる。

さらに、2018年北海道日本ハムファイターズの2軍打撃コーチに就任した吉岡雄二も。日本ハムの若手育成を前にバッティング技術の高さを見せつけようと例年以上に気合が入る。

■ 石橋貴明コメント

なんと言っても今回、初めて帝京高校野球部の後輩である中村晃選手が出くれたんですけども、なんと向こうのチーム(ホークス側)に入るというじゃありませんか!!

杉谷拳士(日本ハム、帝京高校OB)も「朝霞二中なのになんで貴明さんのチームに入らないんだ」って言ってましたからね。朝霞二中から帝京っていうのはラインがあるんです。東武東上線ですから。どうしてそっちなんだ?おかしいなと思って!! そういうわけで今回はきっちり勝って、後輩に帝京魂を見せつけてやろうと思います。

■ 内川聖一コメント

ウチの選手たちもだんだん本気になってきた、というか正月番組だから楽しもうという雰囲気ではなかったですね。きちんと打たなくては、というヒットが結構ありました。

ぜひ見ていただきのは、ウチの選手が全員、日本シリーズと同じぐらい真剣にヒットを打ちにいっていたところ。こういう番組ではホームランを打ちたくなるのですが、逆方向を狙ってヒットを打ちにいきました。

本当の試合の感覚で打席に立っていたと思います。それぞれの高い技術も見られると思いますので注目してください。

■ 柳田悠岐コメント

初めて出させいただきました。毎年番組は見ていましたが、実際にやってみると難しかったですね。特にタイミングが取りにくかったです。

だんだんコツがつかめてきた感じもありましたので、また出場させていただく機会があれば、もっと打てるように準備しておきたいです。今回の見どころですか? 中村晃がよく打ったので、そういうところを見ていただければと思います。

■ 中村晃コメント

帝京のOBはこれまで石橋さんや森本稀哲さん、杉谷拳士が出てるじゃないですか? それで帝京がチャラいイメージがついてしまったので、そのイメージをしっかり覆していかないといけないと思っています。

実際に対戦してみてマシンのボールが結構速かったので大変でした。なかなかいい投手(マシン)でした(笑)。時々タイミングを外されるのは厳しかったですね。

先輩の石橋さんとお会いして感じたのは、話すことが仕事の人はすごいなということ(笑)。今季はホークスの中でもすごく強力なメンバーが来ているので、そのメンバーがどれほど打つのかというのを見てくれたらうれしいです。次回の出場ですか? まだ分かりませんが、前向きに検討します(笑)。(ザテレビジョン)