山崎賢人、「トドメの接吻」クランクイン!

写真拡大

山崎賢人が初主演を務めることで話題の新ドラマ「トドメの接吻」(1月スタート日夜10:00-、日本テレビ系)がいよいよクランクイン! ド派手スーツのホスト衣装も披露した。

【写真を見る】ド派手スーツがキマッてる!

■ 質素な部屋セットに「いいですね!」

「トドメの接吻」は、愛が信じられず成り上がることだけを追う孤高のホスト・堂島旺太郎(山崎)が、謎の“キスで殺す女”(門脇麦)にキスされるたびに「死」と「時間の逆戻り」を繰り返す――という超異色ラブストーリー。脚本は、いずみ吉紘氏によるオリジナル。クランクイン当日は、自室で部屋着姿の旺太郎が、パソコンで「キス女」に関する事件を探していくシーン、そして同じく自室で来客を迎えるシーンを撮影した。

ロケ場所となった都内某所のビルの一室に、黒ぶちメガネとジャージ、グレーのスウェットパンツにサンダルという部屋着スタイルで現れた山崎は、スタッフから紹介されると「よろしくお願いします!」と元気にあいさつし笑顔に。これから約3か月間を「旺太郎」として生きる山崎の第一声に、スタッフからは温かい拍手が上がった。

旺太郎の部屋は、ホストらしさ皆無の質素で暗い雑居ビルの一室。使い古されたソファやベッド、レコードプレーヤーなどが雑然と置かれ、至る所に洗濯物が干してあるなど“男の一人暮らし”感満載のセットを見渡した山崎は、自らが組み立ててきた旺太郎のイメージと合致したのか「いいっすね」と気に入った様子。「まずはね」とベッドに腰かけてみたり、スーツやジャケットが並ぶラックにシャドーボクシングをしたりと、リラックスムードで撮影に入った。

とはいえ、収録が始まると表情は一変。山崎は“キス女”に関する情報を探しながら「ちがう!いねぇ!」などとつぶやき、貧乏ゆすりでいらだちを表現。シリアスな表情で、「キス女」に殺された旺太郎の恐怖や焦りを緊張感たっぷりに表現していった。

■ ド派手スーツにスタッフも「うっとり」

続いては、ホストのスーツ姿で帰宅し、来客に「まさかキス女か?」と警戒するシーンを撮影。こちらはストライプの入った黒のスーツにワインレッドのシャツ、光沢のある黒のネクタイという出で立ちで、先ほどまでの「寝間着姿」とは対照的! そんなド派手スーツを完璧に着こなす山崎を見て、鈴木亜希乃プロデューサーも「うっとりしちゃうね」とニンマリ。

このシーンの旺太郎は、正体不明の来客におびえるあまりコートを頭に被り、なぜかホウキとチリトリを手に持しているというどこかコミカルな状態。ド派手スーツでベッドを盾に外を覗いたり隠れたりアタフタする姿のギャップもファンにはたまらない! 旺太郎が鏡に映った自分やスマホの着信にいちいち「うわっ!」と怯える場面では、山崎の声の大きさにスタッフ一同ビクッとしてしまい、ちょっとした笑いが起きるほどだった。

本番待ちの間には、監督が山崎にホウキとチリトリの構え方をレクチャーする場面も。ふと口元にチリトリを当てた山崎は、「汚いな…」と顔をしかめつつ、カメラ目線で何度も構えを確認するなど、キス女に怯える旺太郎を丁寧に作り上げていた。

初回は、金と権力だけを求める旺太郎の“クズ”っぷりと、そんな旺太郎の前に現れた“キスで殺す女”の死の接吻などが描かれる。接吻によって死に至った旺太郎は次の瞬間、7日前に逆戻り。キス女の正体は? 狙いは? 物語はどこへ向かうのか。“邪道ラブストーリー”の行く末に注目だ。(ザテレビジョン)