2018年はどう過ごす? 来年の8760時間を好きなように設計する方法

写真拡大 (全2枚)

長いのか短いのか、8760時間

2017年も残すところあと1カ月を切りました。年末で忙しくなる前に、2017年の自分がどうだったか、丁寧に見直してみましょう。一年は8760時間。その時間をどう過ごしてきたか、そして来年、もっと自分が好きなように設計できるよう考えてみませんか?

一般的なOLさんは、8時間の勤務+1時間のランチ休憩で、ほとんどの人が最低9時間は会社にいるでしょう。通勤時間やちょっとした残業も追加すると11時間〜12時間は仕事。睡眠時間は7時間(お肌のために23時には寝たいし!)。朝食と夕食を1時間ずつで計算したとして、仕事(12)+睡眠(7)+食事(2)=21時間!残りの3時間が、家でテレビを見る時間だったり、お風呂の時間だったり、好きな体を動かす時間だったり。自由になる時間は、2〜3時間ほど。

何かをしたければ、何を辞めるかを考える

あなたの理想の24時間の過ごし方は、どんな割合ですか?好きなことの時間を増やしたいと思ったら、まず考えなければならないのは「どこを削るか」。残業を辞める。睡眠を削る。食事を短くする。削ってもいいかな、と思えるものは、その好きなことよりも優先順位が低い、ということ。自分の中の優先順位を明確にしてみましょう。

この時気をつけたいのは、仕事を削る勇気。時間を減らすこと=責任を放棄すること、と勘違いしないで!仕事でも同じく、何かを得たかったらまずすべきは、何を削るかを考えないと、パンクしてしまいます。まずは5分でも10分でもいいので、いつもより早く帰る努力を習慣づけてみましょう!

正解を探すのではなく自分が納得するところ

どれだけ工夫しても、好きないことだけやって生きていくは難しいですよね。そんな時、「自分は全然好きなことができてない」と落ち込まないで!頑張っているYOLO的女子は、完璧や正解を求めて頑張ってしまいがちだけど、世間や友達のいう「正解」に惑わされないで、私はこれが心地いいという「納得解」を見つけてみるのがオススメ。好きなことに使える時間は短くても、その分濃い時間にしているから大丈夫!と自分で納得できれば、1時間1時間を濃密に過ごせるはず。

思い立ったら、まず行動!

時間の使い方を振り返って、もっとこうしていきたい!という目標が見つかったら、一番にすべきことは、「口に出す」こと。来年はこうしたい!とにかく周りの人に伝えて、応援してもらいましょう!女性は、口に出しながら頭の中を整理する習性の持ち主なので、話をしながら自分の想いがもっとまとまってくるかもしれません。

来年の8760時間の使い方、思いつきましたか?365日と考えるよりも、時間で考えるとより具体的になりますよね。あなたの8760時間の1秒1秒が、輝いていきますように!

 

ライター:伊藤香奈
鎌倉在住。海・ヨガ・SUPを愛するフリーランサー。セミナー講師/派遣社員/インストラクター/ライターのパラレルキャリアを実践中。