刑事役で見せる飯豊まりえの新境地/撮影=石塚 雅人

写真拡大

WOWOWプライムで放送中の「連続ドラマW 石つぶて 〜外務省機密費を暴いた捜査二課の男たち〜」(毎週日曜夜10:00-11:00、※12月9日に1〜5話までの一挙放送あり)。本作は、清武英利による書き下ろしノンフィクション著書「石つぶて 警視庁 二課刑事の残したもの」(講談社刊)を原作とした本格社会派ドラマ。2001年に発覚し、政官界を揺るがした「外務省機密費詐取事件」の真相を主人公の刑事・木崎睦人(佐藤浩市)と、上司・斎見晃明(江口洋介)ら警視庁捜査二課の刑事が暴いていく。

【写真を見る】飯豊まりえ、着慣れなかったスーツスタイルもいつの間にか好きに/撮影=石塚 雅人

本作で、所轄署から捜査二課に抜てきされた駆け出しの巡査長・矢倉かすみを演じる飯豊まりえに、自身初の刑事役に挑戦した感想や、共演者とのエピソード、作品の見どころなどを聞いた。

――飯豊さんにとって初の刑事役となった矢倉かすみを演じられていかがでしたか?

せりふやお話自体はすごく難しかったんですけど、すごくやりがいもあって今まで演じてきた役の中で一番山があった役柄でした。

1話から最終話の中で、自然と成長ができたと思っています。最終話に向けて話がどんどん展開していくんですけど、胸が熱くなるシーンもあって、演じていて楽しかったですね。

――実際に演じてみて、想像と違って大変だったところはありますか?

頑張っても、大人だからこそうまく事が進まないというもどかしさはありましたね。そこはつらいなと思いました。あと、今回刑事ドラマということで、すごく緊張しました(笑)。私が演じた矢倉は、データ化するのが得意で、説明ぜりふが多い役割だったので、せりふも難しくて、いろいろ調べながら演じていました。

――作品のテーマ「外務省機密費詐欺事件」は、飯豊さんが生まれた翌年(1999年)に起きていた事件ですが、今回事件のことを知り、どのような印象を受けましたか?

演じていてすごく苦しかったし、悔しいと思うこともあったんですけど…。登場人物一人一人それぞれが特殊だけど思いは一つで、事実に基づいた話ですし、実際にいる方たちを演じているので、それが伝わったらいいなと思っています。

――ノンフィクションならではの難しさや責任を感じる部分もありましたか?

そうですね。実は、実際に木崎さん(佐藤浩市)のモデルになった方にお会いしたんですよ。

――お会いになられたのですね! 実際の木崎さんは役と比べていかがでしたか?

佐藤浩市さん演じる木崎そのままという感じで、私は雰囲気がすごく似ているなと感じました! 最終話の撮影を目前にして佐藤さん演じる木崎さんのことを見ていて、胸が熱くなるということがありましたが、実際に本物の木崎さんにお会いしたら涙が出そうになってしまって…。迫力もありましたけど、悔しさや思いが伝わってきました。頑張って見ている人たちにその思いを伝えたいです。

――共演者の方々は先輩の方ばかりでしたが、いかがでしたか?

すごく居心地が良かったです。皆さんすごく優しくお話してくださって、名前を呼んでいただけるだけでうれしかったです。いろいろなことを教えてもらえたり、自分のことを聞いてもらえたりとか、待ち時間もとても楽しかったです。

――和やかな雰囲気なのですね。

お話はピリピリしていますけど、撮影現場は全然ピリピリしてないです(笑)。

――今回は佐藤浩市さん、江口洋介さんが上司役ですが、共演されてみて印象が変わったところはございますか?

お2人とも大人ですし、格好良くて、あまり喋れないかなあと思ったんですけど、気さくで優しくて印象変わりました。もっと好きになりました!(笑)

――どういうお話をされたんですか?

お芝居の世界の業界用語や撮影用語などを教えていただきました。

――知らないこともありましたか?

いっぱいありました! 例えば、「どんぶり」(最初から最後までカットなしでワンカットでの撮影)や「やおや」(被写体に傾斜をつけたカメラアングル)とか。

それに江口さんとは、音楽の話もさせていただきました。私、最近ウクレレを始めたんですけど、コードを抑えるのが難しくて、やめようかと悩んでいたら「息抜きになるから絶対やった方がいいよ」と江口さんに背中を押してもらいました。今は、ウクレレをギター風に弾けるようにレッスンしています!

――「外務省機密詐欺事件」をリアルタイムで知らない飯豊さんと同年代の方々にはどういうところに注目して見てほしいですか?

展開がどんどん進んでいくので、10代の方々も見やすいと思います。私も台本を読んだときは「外務省」とか「機密費」とか難しい言葉が並んでいて、戸惑ったんですけど、私自身作品を見て分かりやすくなっていると思いましたし、衝撃的な事実がどんどん出てくるので、とにかく難しく考えないで事実を知ってほしいですね。

――今回の経験を踏まえて、今後挑戦したい役や目標はございますか?

10代で刑事役に経験することはあまりないと思うので、「石つぶて―」のドラマをきっかけに、(役の幅が)広がっていければいいなという思いはあります。これから何ができるのか楽しみです。この難しい台本が覚えられたから、もう何も怖くないです!(笑) 自信につながった部分もあるし、やりがいがすごくありましたね。

――最後に「石つぶて―」の今後の見どころを一言お願いします。

後半にかけて、より面白くなってきていると思います。物語後半の“刑事と容疑者の直接対決”は重大です! これは見逃せないと思いますので、ぜひご覧ください!(ザテレビジョン)