よゐこ、ナスDと『無人島0円生活』で対戦決定!テレビ界に「激震おこしたる」

写真拡大

番組から支給される必要最低限の水と調味料を元手に、過酷な無人島生活を0円で乗り切るよゐこ(有野晋哉、濱口優)のサバイバルバラエティ番組『よゐこの無人島0円生活』(テレビ朝日系、12月29日18:30〜)の今回の対戦相手が、ナスDこと友寄隆英テレビプロデューサーになることが発表された。

過去対戦相手に、土屋アンナ、冨永愛、LiLico、森泉、長谷川潤など、華やかなゲストを迎えて放送されてきた本番組。今回はよゐこから直接対戦相手を指名。濱口とはプライベートでも付き合いがあるというナスDに白羽の矢が当たった。

都内で行われた対戦者発表会見に出席した有野と濱口は「今回はあのナスDとやります! こいつとやらせろということです」と気合いたっぷり。濱口は「俺の友達です。東京に出てきてからできた唯一の友達と言ってもいいかもしれません」とナスDを紹介。「破天荒とか、最近突然テレビに出て騒がれるようになって、調子乗っているんでここは俺がやらせてもらいます」と宣言。当日はナスDがもう一人パートナーを連れてくるということで、よゐことの2対2の対決となる。

放送時間も今回は4時間半のロングバージョン。濱口は「思い切ったな、テレビ朝日!」とテレ朝のこの待遇に満足げ。「楽しみや! 激震おこしたるわ、テレビ界に!」と拳を振り上げ、意気込みを示すためにこの日塗ってきた黒塗りのドーランについても「ナスDへの対抗心の表れです。ドーランを3本塗ってきました」と意気込み十分。

ナスDについては「自分とは(笑いの)ジャンルが全然違う」と分析しつつ、「でも、彼の方は長い付き合いで僕のすべてを知っている。工作とかもうまい」とコメント。過去にナスDの家に遊びに行った際、ナスDの飼い犬を足で撫でて怒られたエピソードなどをしみじみと述懐し、「こんな日が来るとは思ってもいませんでした」と感慨深げ。

一方、有野はナスDとはそれほど面識がないとのこと。「今年は怪我のない冬にしたい」とさばさばした表情で、対戦するナスD側の心理についても「向こう側の意気込みはわからないですね。結構ひょうひょうとしているんじゃないですか」と冷静に分析。とはいえ、「意外とコミュニケーション能力は高そう。勝てる部分が見あたらない」とも話し、「無人島のラスボス。胸をかりるつもりでいきます」と話していた。