中国では日系車の品質に対して疑問の声が根強く存在する。「日系車の燃費が良いのは車重が軽いため」、「日系車は鋼板が薄く、安全性に劣る」など、ネット上では根拠のないデマがまことしやかに語られていて、こうしたデマを信じてしまう人も少なからず存在する。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 中国では日系車の品質に対して疑問の声が根強く存在する。「日系車の燃費が良いのは車重が軽いため」、「日系車は鋼板が薄く、安全性に劣る」など、ネット上では根拠のないデマがまことしやかに語られていて、こうしたデマを信じてしまう人も少なからず存在する。

 だが、中国メディアの今日頭条はこのほど、中国国内で販売されているマツダの車を例に、「日系車の安全性が劣るかどうかは、マツダ車をみれば分かる」と論じる記事を掲載した。

 記事は、中国国内では日系車の安全性に疑問を投げかける声が絶えず存在することを指摘する一方、現状は「日系車の販売台数は伸びる一方」だと指摘。つまりデマに惑わされず、冷静かつ理性的な判断のもとで日系車を選ぶ消費者が多いことを強調した。

 続けて、中国のネット上では「日系車が安全性に劣るのはリーンフォースメントが装着されていないことも理由の1つ」という声があることを紹介。リーンフォースメントとはバンパーの内部にある補強材のことだが、記事はマツダ・アクセラを例に「バンパーを取り外してみれば、しっかりとした強度のリーンフォースメントが確認できるはずだ」と指摘。実際の写真も掲載したうえで「日系車が手抜きをしているという論調も嘘だ」と論じた。

 さらに、「日系車の安全性は高い」と言えば、中国の「愛国者」たちは必死に反論してくるに違いないと前置きする一方で、中国ネット上で言われている「日系車が安全性に劣るのはリーンフォースメントが装着されていないことも理由の1つ」という声は明らかにデマであるとし、それはマツダ車をはじめとする日系車が世界の衝突安全テストで高い評価を得ていることからも分かると伝えている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)