6日、韓国で誤診により13年間寝たきりだった女性患者が、正常な治療を受け始めて2日後に歩行が可能になったとのニュースが報じられ、ネットユーザーの間に衝撃が広がっている。資料写真。

写真拡大

2017年12月6日、韓国で誤診により13年間寝たきりだった女性患者が、正常な治療を受け始めて2日後に歩行が可能になったとのニュースが報じられ、ネットユーザーの間に衝撃が広がっている。

韓国・国民日報によると、2001年に当時4歳だったソさんは「不自然な歩き方」のため病院を訪れ、大邱にある総合病院のリハビリ医学科で脳性麻痺との診断を受けた。その後、韓国内にある数カ所の病院を回って入院治療を受けたものの症状は悪化し続け、首すら思い通りに動かせない状態になったという。

ところが、12年にソさんはある理学療法室で「脳性麻痺ではないようだ」という驚きの言葉を聞いた。その後、新たな大学病院を訪れて検査を受けたところ、脳性麻痺ではなく「ドーパ反応性ジストニア(瀬川病)」との診断を受けた。さらに、瀬川病の治療薬を服用し始めたソさんはたった2日後で歩けるまでに回復したという。

珍しい遺伝性疾患である瀬川病の代表的な症状は「不自然な歩き方」。脳性麻痺だけでなくパーキンソン病などとも症状が似ているが、別の疾患。1971年に初めて学界で報告された。

ソさんの家族は15年に誤診をした病院を相手に訴訟を起こし、裁判所は病院側の過失を認めて1億ウォン(約1000万円)の賠償を命じる判決を下したという。

これについて、韓国のネットユーザーからは「理学療法士が分かることをなぜ医者が分からない?」「医師免許を剥奪するべきでは?」「映画のようなことが現実に起こるなんて!」など驚きの声が上がっている。

また「今からでも歩けるようになってよかった。素晴らしい理学療法士に拍手」「理学療法士は命の恩人だ」など誤診に気付いた理学療法士に対する称賛の声も。

その他「判決にあきれる」「13年間の苦労に対してたったの1億ウォン?やっぱりここはヘル朝鮮(地獄の韓国)」など裁判所の判決に不満を示す声も多くみられた。(翻訳・編集/堂本)