【詳細】他の写真はこちら

超大型新人ボーイズグループ、THE BOYZが、12月6日に韓国でデビューを果たした。

グループ名の「THE BOYZ」には、【大衆の心を虜にする“たった一人の少年”になる】という意味が込められており、“少年”を表わす“BOYZ”に定冠詞“THE”をつけることで“特別な少年の誕生”を表している。その意味のとおり、メンバー12人は全員が“センター”と言っても過言ではないほどの実力、ビジュアル、魅力を持ち合わせており、デビュー前から韓国の動画アプリ「V LIVE」内で配信していた『イケメン食堂』は“1億いいね”を達成するなど、ファンの間で“ドリームチーム”と呼ばれるほど関心と期待が持たれている。

韓国M.netで放送されている人気公開オーディション番組『プロデュース101』最終ラウンドに進出して大反響を得たハンニョン、同じくM.netのヒップホップ・サバイバル番組『高校ラッパー』で話題になったラッパーのソヌ、韓国SBS の『Kポップスター6』に出演したメインボーカルのケビン、人気ガールズグループI.O.I(アイオワアイ)の「Whatta Man」やジョン・パクの「DND」のミュージックビデオに主人公として出演し大きな反響を得たヨンフン、歌手Aileeの「if you」のミュージックビデオに出演しているサンヨン、釜山芸術高校舞踊科に首席で入学したファルなど、メンバーの大半が華やかな経歴を持っている。

2018年、K-POP界でもっとも注目されるスーパールーキーだけに、デビュー前から有名学生服のスクールルック、化粧品ブランドのsiero、衣類、通信社など数十社以上の企業からCMの依頼が殺到、また、日本の最大手レコード会社ソニー・ミュージックエンタテインメントとデビュー前にマネジメント契約の締結を発表し話題となっている。

長い準備期間を経て、いよいよ12月6日に韓国でデビューミニアルバム『THE FIRST』をリリースしたTHE BOYZ。デビュー日には、韓国ソウル市内のキョンヒ大学平和の殿堂にてデビューショーケースをメディア向け、一般向けに2回開催。30社以上のメディアが集まり、質疑応答では質問が殺到して時間をオーバーするなど、注目の高さをうかがわせた。

デビューの感想や今後の目標を聞かれたメンバーは、「今は、遠い大きな未来を見るよりも、一日一日違った成長を見せられるようになるのが目標」(ソヌ)、「今日のデビューを経てこれから個々のチャンスが多くなってくると思うので、もっとおのおのが頑張っていろいろな魅力を見せていきたい」(サンヨン)、「一生懸命頑張って、先輩方や同僚のグループと一緒に、もっとK-POPというものを世の中に広めていきたい」(エリック)、「全員が“センター”と言われるようなグループになりたい。外見だけでなく、実力、ダンス、歌、演技など多方面で活躍できるグループになることが目標」(ジュヨン)と答え、意気込みの高さを感じさせた。

ファンに向けたデビューショーケースは20時からスタート。デビューをお祝いしようと多くのファンが駆けつけ、彼らの人気の高さをうかがわせた。

ステージが暗転し、メンバーがステージ下から登場。THE BOYZのアイデンティティを象徴するアルバムタイトル曲「소년(Boy)」の冒頭を披露すると同時に銀テープが舞い、会場は大きな歓声に包まれた。『イケメン食堂』に出演していたタレントのクォン・ヒョクスによる司会進行でメンバーが自己紹介。客席からはデビューを祝って「ハッピー・バースデー」の合唱がプレゼントされた。

デビューアルバム『THE FIRST』収録曲について、「タイトル曲『소년(Boy)』の“たった一瞬の夢ではないことを 僕はこうやってあなたの前に立っているということを”という歌詞のように、これから僕たちが“皆さんにとって特別な少年”になれることを目指します」(ジェイコブ)、「『소년(Boy)』は早いビートとR&Bのメロディーラインが合わさってできた曲」(ヒョンジェ)、 「『소년(Boy)』のダンスの見どころは、“メビウスの輪”をイメージしたところです」(キュー)、「『소년(Boy)』のミュージックビデオのコンセプトは、音楽とダンスを好きな僕たちが偶然に出会うことになり、みんなで見ていたひとつの夢を実現させるというメッセージを込めて作りました」(ソヌ)、「ダンスをカッコよく見せるためにロボットアームという撮影方法で撮っていただきました。映像を観たらゲームの中に入ったような感じがして不思議でした」(ファル)、「『시간이 안지나가(Walkin’ In Time)』は、人気アーティスト、プライマリーがTHE BOYZを見て作ってくれた曲です。僕たちの感性がよく表れていると思います」(ニュー)、「『I’m Your Boy』は、『イケメン食堂』の最終回に、ファンの皆さんにありがとうという気持ちを込めてプレゼントするためにできた曲です。メンバー全員が作詞に参加しました」(ハンニョン)、「『있어(Got It)』は個人的にいちばん好きなカッコいい曲」(ファル)、「僕もいちばん楽しくレコーディングした曲です。プライマリーと作曲家のBekuh BOOMが合作した最初の曲です」(エリック)とそれぞれ説明した。

アルバムに関するトークのあとは、バラード曲「시간이 안지나가(Walkin’ In Time)」をこの日初披露。12人それぞれのソロパートをしっとり歌い継ぎ、メンバーがステージをまるで時計のように円を描きながら踊り、歌う姿に会場を埋め尽くした観客が酔いしれた。

後半はミニアルバム収録曲をテーマに「소년(Boy)」「시간이 안지나가(Walkin’ In Time)」などのキーワードトークを展開。多くのメンバーが新人賞受賞への夢を語り、またつらかった出来事を聞かれると練習がハードたったと本音を見せるシーンも。「I’m Your Boy」をテーマに、「あなたの“どんな”少年になりたいか? YourとBoyの間に入る言葉を考えて」という質問では、サンヨンは「ビタミン」(皆さんが疲れているときに歌ったりダンスしたりビタミンのように元気をあげたい)、ニューは「ニュー」(名前のように新しい)、ハンニョンは「エネルギー」(皆さんが疲れているときにポジティブな元気をあげたい)、ジュヨン「思い出の中」(初恋の少年みたいに、皆さんにいつもいい思い出をプレゼントしたい)、ヨンフンは「ウォーター」(水は人間に必要なものだから僕もそういう存在になりたい)、ヒョンジェは「プレゼント」(僕はプレゼントボーイと言われているので)、ソヌは「カフェ」(皆さんがゆっくり休めるカフェのよう場所になりたい)、ジェイコブは「バンブー」(竹のように早く成長して周りを助けられる人になりたい)、ファルは「プレシャス」(皆さんの大切なもの、宝物)、キューは「ポジティブ」(前向きな影響を与えたい)、ケビンは「スイート」(カナダのメープルシロップのような)、エリックは「エネルギッシュ」(みんなのエネルギーになれるような存在になりたい)と答え、ファンの笑いを誘った。

来場したファンへのプレゼント抽選会を終えて最後の挨拶をするメンバーは、デビュー日一日の緊張がとけたのか、ステージ上で肩を抱き合い号泣する姿も見せた。

華やかなスタートを切ったTHE BOYZ。12個の夢がひとつになって生まれたこのアルバムを名刺に、K-POP界でどんなパフォーマンスを見せてくれるのか、12人の少年に注目だ。

また、同日18時に、THE BOYZジャパンオフィシャルウェブサイトがオープン。最新情報はこのサイトをチェックしよう。

【メンバープロフィール】

サンヨン/1996年11月4日生まれ

ジェイコブ/1997年5月30日生まれ

ヨンフン/1997年8月8日生まれ

ヒョンジェ/1997年9月13日生まれ

ジュヨン/1998年1月15日生まれ

ケビン/1998年2月23日生まれ

ニュー/1998年4月26日生まれ

キュー/1998年11月5日生まれ

チュ ハンニョン/1999年3月9日生まれ

ファル/2000年3月9日生まれ

ソヌ/2000年4月12日生まれ

エリック/2000年12月22日生まれ

リリース情報



2017.12.06 ON SALE

ALBUM『THE FIRST』

<収録曲>

1.Intro

2.소년(Boy)

3.시간이 안지나가(Walkin’ In Time)

4.있어(Got It)

5.I’m Your Boy

6.소년(Boy)inst.

THE BOYZ OFFICIAL WEBSITE

http://www.theboyz.kr

THE BOYZ JAPAN OFFICIAL WEBSITE

http://theboyz.jp/