海外の女子サッカーで起きた決定的チャンスでの大惨事が話題に(画像はスクリーンショットです。)

写真拡大

「スポーツ界の名珍場面総集編」…11月にサッカー女子欧州CLで起きた“笑撃の悲劇”

 2017年のスポーツ界を沸かせた名シーンを連日にわたって振り返る「名珍場面2017」。今回は11月に海外の女子サッカーで起きた「無人ゴール前の悲劇」。GKを交わして目の前に無人のゴールがあるだけなのに味方同士でシュートを譲らずに交錯し、転倒。その隙にDFにボールを奪われ、得点機を逃すという笑撃の“ずっこけ劇”の瞬間を米FOXスポーツアジア版が「史上最悪のミス?」と動画付きで紹介。海外メディアは「史上最悪のミス?」「その時、大惨事が…!」と報じるなど、世界で反響を呼んだ。

 なぜ、彼女たちは譲らなかったのか。女性の飽くなき執念が前代未聞の珍事を生んでしまったのは、リトアニアのクラブチーム・ギントラだ。11月9日、女子欧州チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦のバルセロナ戦で事件は起きた。

 0-3で迎えた後半21分。ギントラはカウンターから決定機を作った。最終ライン裏へパスに前線3人が飛び出し、GKと3対1という状況になった。相手GKは意を決して飛び出してきたが、間一髪でクリアできず。混戦からGKも交わし、そのまま無人のエリアに侵入した。目の前にあるのは誰もいないゴールマウス。あとは蹴り込むだけ。誰もが反撃ゴールを確信した次の瞬間だった。

 混戦から一番遠かった一人が急にボールに近寄った。しかし、GKともつれながら交わしたもう一人もスピードを緩めない。互いにゴールを狙い、シュートを打とうとしている。そして、悲劇が……。急に近寄った一人を、もう一人が後ろから押すような形になり、足がもつれて互いに前のめりに転倒。ボールはゴール前5メートルで転がってしまった。

海外メディアも騒然「その時、大惨事が…!」「2人の衝突事故で逃す」

 その隙に素早くカバーリングした相手ディフェンスがボールをかっさらい、悠々とキープ。悲鳴と興奮がスタジアムを覆った。2人に譲っていたギントラの3人目の選手も、まさかこんなことになるとは思わなかったのだろう。呆然と座り込んだままの2人に対し、「何をやってるんだ!」と言わんばかりに激しいジェスチャーで怒りを爆発させている様子だった。

 一連のシーンを、米FOXスポーツアジア版は「史上最悪のミス? ギントラ・ユニバーシティがバルセロナ相手に0-3の局面で迎えたチャンス。しかし、次に何が起きたかというと……」とユーモアたっぷりにつづり、動画付きで紹介。映像を見ると、実況も大爆笑をこらえきれず、さらにファンから笑撃のコメントが相次いでいる。

 これには海外メディアも騒然。英紙「ミラー」は「信じられないことに、ゴール前に放り込まれたボールをGKがクリアミスし、無人のゴールが目前となった。しかし、その時、大惨事が起きた!」と記述し、英紙「デイリー・メール」は「これこそ世紀の凡ミス? ようやく掴んだ黄金のチャンスをガラ空きのゴール前で起きた2人の衝突事故により逃す結末」と報じている。

 Jリーグ、日本代表の試合であってもGKを抜いて無人のゴールに蹴り込むだけというシーンはあるが、互いに譲らず、得点をフイにするなんてシーンはそうそうお目にかかれない。ゴールを決めたい気持ちは山々でも、最後は譲らなければ、何も得られない。飽くなき“女の執念”が生んだ悲劇の映像は、2017年のサッカー界で大反響となった。