石橋貴明

写真拡大

 30年続いたフジテレビ系バラエティ番組『とんねるずのみなさんのおかげでした』が、7日放送の番組内で、来年3月の番組終了を発表した。

 番組終盤、共同テレビ社長・港浩一氏に扮した木梨憲武と、フジテレビのエグゼクティブプロデューサー・石田弘に扮した石橋貴明が登場。「30年間やってたんだけど、番組が終了しちまうんだよ」(石橋)、「えー! じゃあ、あれ、ウワサじゃなかったんですか!?」(木梨)、「タカとノリに説明しなきゃいけねえ。どうやって説明すりゃいいんだ」などとコント仕立てで発表し、最後はカメラに向かって「30年間のご愛顧、薄い頭を下げて、感謝いたします。すまなかった」(石橋)、「本当にありがとうございました。みなさんのおかげでした」(木梨)と頭を下げた。

「番組終了がリークされて以降、何かと注目されてきた『みなおか』ですが、この日の放送の平均視聴率は5.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。惜しまれるどころか、年内で終わらないのが不思議なほどの低い数字となってしまいました。ちなみに、この放送では、とんねるずやおぎやはぎがフリーアナウンサー・本田朋子の自宅を突然訪問し、手料理を振る舞ってもらうロケ企画や、セレブな有名人にまつわるエピソードを取り上げるクイズ企画が放送されました」(テレビ誌記者)

 とんねるずにとっては、現時点で唯一のレギュラーである『みなおか』。石橋は過去の同番組で、「(仕事が)なくなっちゃったら、なくなっちゃったでしょ。それは(タレントとしての)寿命でしょ。こっち側がやりたいとかというより、世間一般がNOって言ったら、それはその人の寿命でしょ。やりたくてもやれないわけだから、僕らの仕事は。来年かもしれないし、ひょっとしたら半年後かもしれないし。でもそれは寿命だから、もう甘んじて受けるしかない。『寿命か、俺の』と」などと発言していた。

「“裏方転向説”がささやかれている石橋ですが、今のところ、テレビ局の情けで、深夜枠に石橋が司会を務めるバラエティ枠が設けられるのではないかとウワサされている。一方、木梨は来年、主演映画『いぬやしき』の公開を控えており、とんねるずとしてメディアに出る機会はなくなるかもしれません」(同)

 来年3月には、もうひとつの看板番組『めちゃ×2イケてるッ!』も終了させるフジテレビ。民放キー局の2017年4〜9月期決算によると、フジテレビが唯一、営業赤字となっており、“1人負け”の状態は依然として続いている。

「2015年4月期に、昼間のニュース番組を約5時間、ゴールデン帯を43%という大型改編を実施したほか、14年には『“ヘンシン”春のフジテレビ』というキャッチコピーを掲げるなど、春にたびたび大ナタを振るってきたフジですが、来春は近年最大の大改革が予想される。『みなおか』と『めちゃイケ』の終了が早々にリークされたのも、新社長に代わってから急ピッチで新番組の準備を進めているためでしょう」(同)

「身内ネタばかり」「笑いが時代遅れ」と揶揄されながらも、今もなお自身のスタイルを貫き続けるとんねるず。フジの“とんねるず切り”は、吉と出るだろうか?