仕事をスムーズに進めるうえで、人間関係はかなり重要になってきます。しかし上司や部下など、年代・性別の異なるさまざまな人たちと関わる中で相手の性格を見極めるとなると、時間も労力もかかってしまうでしょう。


出典:NOSH

そこで今回は、仕事の人間関係をスムーズにする手相の見方をご紹介いたします。

 

■1:「木星丘」の肉付きがよく二重感情線がある…安心してついていける上司の手相

人差し指の下部にあたる“木星丘”の肉付きがいい人は、仕事熱心で意欲旺盛なタイプ。向上心にあふれ、壁にぶつかっても持ち前の明るさと積極性で乗り越えていけるでしょう。リーダーとして人の上に立つことや、経済的に成功できる資質があるので、安心してついていける上司になるはず。そばにいると自分自身まで元気になれそうな人望のあるタイプなので、ツキもめぐってきやすいです。

 

■2:知能線全体が波打っている…世渡りベタだけど粘り強い上司の手相

知能線全体がくねくねと曲がっている手相は、不器用で世渡りが苦手なタイプだと言えます。デリケートで打たれ弱いところがありますが、物事に根気よく取り組む辛抱強さは抜群です。このタイプの上司は、コツコツと地道な努力がやがて実を結ぶ傾向が。あなたがフォローしてあげることで、やる気を起こしてくれるでしょう。補佐することを意識して付き合うと◎。

 

■3:運命線が人差し指と中指の間に向かう…褒めると伸びる部下の手相

手のひらの中央から人差し指と中指の間に向かって伸びる運命線の持ち主は、名誉欲の強いタイプ。やや貪欲でハングリーな性格なので、成功を独り占めしたりズルをしたがる傾向があります。とはいえ、エネルギッシュに仕事に打ち込む性格なので、この手相の部下は褒めてやる気を起こさせると良いでしょう。特にみんなの前で褒めてあげると、驚くほど頑張ってくれるはずですよ。

 

■4:知能線の起点から半分までが鎖状…可愛げがあるけどミスが多くなりがちな部下の手相

知能線の起点から半分までが鎖状の手相の持ち主は、集中力や注意力に欠けるタイプ。勘違いや聞き間違いが多いので、マメに確認を取るなどミスを防ぐ工夫をしてあげましょう。また、トラブルがあると楽な方に逃げようとするので、一緒に乗り越えていく姿勢を見せながら優しく指導してあげるといいかも。やや短気なところがあるので、周囲との協調性やチームワークを覚えてもらうことが重要です。

 

一緒に仕事をしていく中で、どうしても性格が合わない人がいるかもしれません。しかし、どんな相手でもうまくやっていく方法はあるはずです。まずは、そのきっかけを手相から掴んでみてはいかがでしょうか。(脇田尚揮/ライター)

【関連記事】

※ 【まったく欲情しない…】男子が実はドン引きしている女子の下着

※ イラっとする…「年上彼氏」が実は嫌がっている5つのコト

※ 破局の原因にも…やってはいけない“同棲中”のNG行為