宮原知子、樋口新葉【写真:Getty Images】

写真拡大

GPファイナル女子SP、日本勢ノーミス演技に地元ファン大歓声

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルは8日、女子ショートプログラム(SP)で全日本女王・宮原知子(関大)は自己ベストに0.03点に迫る74.61点の高得点で3位、樋口新葉(日本橋女学館高)は73.26点で5位に入った。首位は77.04点でケイトリン・オズモンド(カナダ)が立った。

 地元・日本の大声援に押され、2人が躍動した。トップを切ったのは宮原。「SAYURI」のメロディーに合わせ、ピンクの衣装でリンクに登場。冒頭の3回転ルッツ―3回転トーループを着氷し、勢いに乗った。故障のリハビリ中に磨いてきたステップ、スピンに切れがあり、以降の3回転ループ、2回転アクセルも着氷。ミスのない演技で滑り切ると、安どの笑みがこぼれた。得点は自己ベストに74.64点に迫る74.61点。シーズンベストで絶好のスタートを切り、復活を印象づけた。

 宮原が盛り上げた会場のボルテージに樋口も乗った。冒頭の2回転アクセルを着氷。3回転―3回転のコンビネーションも決め、終盤に3回転フリップも降りた。すると、客席からSP曲「ドン・キホーテ」のメロディーに合わせて手拍子が沸き起こり、会場と一体となって、こちらもノーミスで滑り切った。しかし、演技後はほっと息を吐くと、表情を変えることなく声援に応えた。スコアは73.26点と宮原にわずかに及ばなかったが、躍動の演技を見せつけた。

 宮原は股関節の故障からGPシリーズNHK杯で復帰し、5位。2戦目のスケートアメリカで優勝を飾った。出場次点だったが、エフゲニア・メドベージェワ(ロシア)の辞退による繰り上がりで出場。成長著しい16歳の樋口はロシア杯で3位、中国杯で2位と安定した演技を披露し、初のファイナル出場。ともに地元の日本で堂々たる演技を見せた。

 日本女子の優勝は13年の浅田真央以来、遠ざかっている。4年ぶりのVを目指し、9日のフリーに挑む。