「帝国の慰安婦」著者の有罪判決 支援する大学教授らが批判

ざっくり言うと

  • 「帝国の慰安婦」の著者は10月、元慰安婦への名誉毀損罪で有罪判決を受けた
  • 著者を支援する大学教授や弁護士らが7日、記者会見を開き、判決を批判
  • 「歴史問題について異なる考えを語る権利は守られるべきだ」などと述べた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング