元吹奏楽っ子(担当:Euphonium)の音楽好きharakoが、大人になってから、改めて音楽の楽しみ方を見つける連載です。第11回目は、ヤマハから発売されている、ユーフォニアム用のサイレントブラス『SB2X』を実際に使用させていただきました。解説は、株式会社ヤマハミュージックジャパン鍵盤・管弦打営業部管弦打マーケティング課の武居さんです!

練習したいけど、環境がないなんて言わせない……!?

【大人の音楽LOVER】vol. 11

harako 楽器を練習したくても、音を出す環境がなくて困るなあ……(悲)。

武居さん ちょっと待った! 悲しい顔をするのは、まだ早いですよ。自宅で練習するには、ヤマハのサイレントブラスを、ぜひ試してみてください。もともと90年代に発売され、2013年にリニューアルしたサイレントブラスシリーズですが、重量バランスやサウンド感などを改善して2016年にユーフォニアム用『SB2X』が登場したんです。(上記画像参照/ユーフォニアム用サイレントブラス『SB2X』商品内容:ピックアップミュート『PM2X』+ヘッドホンアンプ パーソナルスタジオ『STX-2』)

ミュートを使った、自宅練習に抵抗がある!という方にも、自信を持ってお届けできる商品なので、取り扱いを交えながら説明させていただきますね。

折りたたみ式でスペースいらず

harako ユーフォニアム用ミュートって、サイズが大きくて収納場所が大変じゃないですか?

武居さん 旧モデルのサイレントブラスは、付属の袋に入れて別収納という形でした。確かに、少し大きくて持ち運びも大変だったと思います……(小声)。しかし、今回リニューアルしたサイレントブラスは、分解することができて、使用後はベルの中にしまっておくことができるんです! 自宅の保管にも便利ですが、外出先でもミュートスペースを気にせずに持ち運びができるため、大きいサイズ(ユーフォやチューバ)の方には嬉しい情報ではないでしょうか。

harako これはすごい!どんなふうに、組み立てるんですか?

重ねてあるミュートを、ひっくり返して固定するだけ

武居さん とっても簡単です。メカニックなことに苦手意識がある女性でも、力を入れずに組み立てることができますよ。ゴムのベルトを外していただいて、重なっているピックアップミュートを取り外します。

武居さん このように、パコッと外れます。

武居さん 外れたピックアップミュートをくるっとひっくり返したら、反対側にはめ込んでネジで止めて完成!

武居さん 繋ぎ目部分に、もう一度ゴムのベルトで保護したら、楽器に装着です。

装着ベルトで安定着用できちゃう

harako おー。重心が上に来るのかと思いましたが、意外と安定感がありますね。重さや装着の違和感は少なく感じます。グラグラしないように、ベルトまで付いているなんて……!

武居さん そうなんです。練習に夢中になって、うっかり楽器を傾けたらピックアップミュートが落ちてしまった!というトラブルを防ぐためにも、ベルトで固定します。では、付属のヘッドホンアンプ「パーソナルスタジオ」(上記画像参照/手に持っている小さい機器)を繋げてみます。

ヘッドホンアンプに繋いで、サウンドチェック

harako (プーッ……音を出してみる)な、なんですかコレは? イヤホンで音を聞いてみると、ピックアップミュートをつけていることを忘れてしまいそうですね。ピックアップミュートを装着して演奏すると、どうしてもバズィングした時に空気の抵抗感を感じたり、こもった感覚になったりしますが、とってもクリアに音が聞こえるのが不思議。まるで、広い部屋で吹いているみたい……!

片方だけイヤホンを外して、音漏れと耳に聴こえる音を比べてみると、かなり消音になりますね。これなら周りを気にせずに、自主練習ができそう!でも、この付属のヘッドホンアンプ「パーソナルスタジオ」は、どんな仕組みになっているんですか?

デジタル音響技術搭載!練習に役立つツールに変身

武居さん パーソナルスタジオの挿入穴は、左からMUTE IN(サイレントブラスに繋ぐ)・AUX IN(外部の音源を流せる)・PHONES(ヘッドホンに繋ぐ)・VOL(音量調節)になっています。基本的な練習をする時には、MUTE INとミュート本体を繋いで、PHONESにイヤホンをセットしていただければ、音を自分の耳に届けてくれます。

それに加えて、演奏会で練習中の楽曲と合わせて練習したい時などは、AUX INに音源を流すと一人ゲネプロに早変わり。他にも、電子メトロノームを繋げて正確なリズムを耳で感じながら、基礎練習をすることもできますよ。

武居さん そして、パーソナルスタジオは、それだけではありません。Rev1とRev2を入れ替えて、音を確認してみていただけますか?

harako (カチッ……)おおおおおおお!!!! Rev1は、こじんまりした音楽室で吹いている感じですね。音が自然と吸収されていく独特な感覚が、なんだか懐かしい。Rev2は、音の余韻と響がすごいですね! 大きなホールで吹いているみたい。でも、同じように吹いているのに、なぜ聴こえ方が異なるんですか?

武居さん 実は、このパーソナルスタジオには、当社独自のデジタル音響技術「Brass Resonnance Modeling」を搭載しています。ピックアップミュートをつけると、どうしても “こもった感覚” になりがちですが、マイクで取り込んだ音をデジタル処理することで、より自然な音に仕上げています。楽器のベルから演奏者の耳もとに返って来るまでの響きを研究して商品化したので、まるでピックアップミュートなしのような演奏をお楽しみいただけるのではないでしょうか。

ピックアップミュートに抵抗感が強いと、必要以上に息を入れたり、力んでしまったりしますよね。抵抗感が少なくて自然な音は、耳に届く音がクリアになるだけでなく、アンブシュアを崩さないためにも必要不可欠な要素。ピックアップミュートなしの環境に近づけることにフォーカスしたのが、このサイレントブラスなのです!

自宅の練習環境に悩んでいる方や、これから楽器を復帰したい!と考えている方。いかがでしたか?サイレントブラスを使用することで、集合住宅で音が出せない環境や子育てをしながら楽器を練習している方にも寝かしつけた後にこっそり練習! なんてこともできそうですね。私も、愛用させていただきます

今回の音楽LOVERは……

取材協力

武居 健太郎さん株式会社ヤマハミュージックジャパン鍵盤・管弦打営業部管弦打マーケティング課

サイレントブラス愛をひと言で表すと?「自分だけの練習空間が手に入ります!」

現役楽器奏者の方も、これから復帰されたい方も。今回は、ユーフォニアムの対応商品をご紹介しましたが、対応楽器は主な金管楽器を網羅しております。ぜひ、金管楽器奏者のみなさん!このサイレントブラスを使って、音の悩みから解放してください。「いつでも・どこでも・楽しく」が合言葉です