独身女性と子持ち女性の壁「友達だけど…SNSの子供の写真にウンザリ!」

写真拡大

 Facebookの“非表示”機能、使ったことはありますか? ブロックや友達解除と違い、本人に知られることなく距離を置くのに便利ですよね。“臭いものにフタ”とも言えますが、どうやら女性の間では「“非表示”機能を、親しい友人にしょっちゅう使っている」というケースがあるようです。経験者に話を聞いてみました。

◆長年の友達を“隠しちゃう”瞬間

「学生時代からFacebookを愛用していますが、最近は開くたびに“この投稿を非表示”のボタンを使っていて……みんなの近況を知りたくて使っているはずなのに、疲れます。」

 と語るのは、Facebook上の友達が300人強という独身女性のGさん(35歳)。一体どんな投稿にフタを?

「独身の私に一番きついのは“我が子の日常ネタ”。子持ちの友人が次々投下するので、油断をすると週末のタイムラインが子供で埋まる。間引きのための“非表示”連打です。なんの仕事だろうこれ。

 あまりにも頻繁な場合は、心の中で『さらば友よ』と唱えながら“フォローをやめる”。月に1〜2人かな。友達を捨てるような寂しさと、チクチクとした罪悪感がありますね。」(Gさん)

◆知らない子供の近況は「どうでもいいね!」

 Gさんが耐えがたいタイプの投稿を、具体的に尋ねてみました。

(1)赤ちゃんのピン写真が連続
「他人の私にとっては、全部同じ“よその子の写真”。笑えるものや、よほどかわいい内容ならともかく、普通だから反応に困る。」

(2)母親本人がどこにも出てこない
「写真に登場するのは子供ばかりで、本人は気配すらない。こういう女子は大抵アイコンも子供。私、誰と友達なんだっけ?」

(3)「○ヶ月おめでとう」祝い

「なんで毎月やるの? タオルや靴下を並べて”Happy Half Birthday!”みたいなやつ。身内で祝うならともかく、公開する必要あるのかな。」

◆「ママになるともう、周りが見えないの?」

「常識のある大人なら、例えば会社員としての仕事の成果や、恋人との愛の日々なんて、SNSに投稿しませんよね。プライバシーの問題もあるし、他人からどう見られるかも気にするのが普通。

 なのにどうして子供がらみだと、そこを見失う人がこんなにも多いんでしょう? 本人たちに悪気がないからこそ、余計に価値観のズレを感じてつらい。かつては何でも話せた友達なのに。」(Gさん)

 そんなにも葛藤を抱えて疲れるなら、いっそSNSをやめればいいのでは? と言いたくなりますが、GさんにとってSNSは人間関係の命綱。やめるわけにはいかないそうです。

「子供関連の投稿に突っ込みを入れても、独身女のひがみだと思われるだけ。もう何も言いません。ただ一つ、もしも願いが叶うなら、Facebookに『子供の写真を一括で“非表示”にする機能』をリリースして欲しい!」

◆ママの反論。「おめでとう」って、実は深い!

 子持ち女性の意見も聞いてみましょう。ママ友とも学生時代からの友人とも、無理なく器用に付き合っているAさん(39歳)。もしかすると、この問題を解消するヒントがあるかもしれません。

「溝が深いな〜(笑)。赤ちゃんの”○ヶ月おめでとう祝い”については、自分はマメじゃないからやらないけど、気持ちは想像できるから擁護させてね。

 知ってる? 赤ちゃんって、ちょっとのことで命を落としかねないんだよ。目を離さないで見ているつもりでも、病気・怪我・事故の危険と常に隣り合わせ。私も、息子が道端の煙草を誤飲して救急車で運ばれたことがあって。一歩間違ったら死んでたってお医者さんに言われた。怖かったよ。こういう風に一度でも“リアルな我が子の死”を心配したことのある母親は、結構な割合でいるんじゃないかな。