宇野昌磨【写真:Getty Images】

写真拡大

GPファイナル、女子SPは宮原が1番手の7時2分、樋口が2番手の7時9分に登場

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルは8日、男子フリー、女子ショートプログラム(SP)が行われる。男子SP2位で地元で逆転Vを狙う宇野昌磨(トヨタ自動車)は大トリの6番目で午後9時4分に登場する。

 宇野は7日のSPは終盤の3回転半ジャンプで転倒しながら、101.51点の高得点をマーク。103.32点で首位のネイサン・チェン(米国)と僅差の2位につける。演技後にはジュニアGPに出場している14歳の天才美少女、アリョーナ・コストルナヤ(ロシア)に写真を求められたことが国際スケート連盟(ISU)に画像付きで取り上げられ、話題を呼んだ。次代のスケーターからも憧れの的になりつつある19歳は地元・名古屋で逆転で初Vを狙う。

 男子フリーの前には女子SPが行われる。2選手が出場する日本勢は繰り上がり出場となった宮原知子(関大)が全体トップの午後7時2分から登場。樋口新葉(日本橋女学館高)は続く2番手の7時9分からスタートする。今回は女王エフゲニア・メドベージェワ(ロシア)が不在だが、成長著しい15歳アリーナ・ザギトワ(ロシア)らが強敵となる。日本勢の2人にとっては2枠しかない平昌五輪の権利獲りへ、弾みをつけたいところだ。

 女子SP、男子フリーの滑走順は以下の通り。

コストナー、ザギトワ、ブラウン、チェンら外国勢も注目…女子SP&男子フリー滑走順は?

<女子SP滑走順>

18:55:00 <ウォーミングアップ>
19:02:30 宮原知子(日本)
19:09:00 樋口新葉(日本)
19:15:30 マリア・ソツコワ(ロシア)
19:22:00 カロリーナ・コストナー(イタリア)
19:28:30 ケイトリン・オズモンド(カナダ)
19:35:00 アリーナ・ザギトワ(ロシア)

<男子フリー滑走順(カッコ内の順位はSP)>

20:15:00 <ウォーミングアップ>
22:22:30 アダム・リッポン(米国=6位)
20:30:50 セルゲイ・ボロノフ(ロシア=5位)
20:39:10 ジェイソン・ブラウン(米国=4位)
20:47:30 ネイサン・チェン(米国=1位)
20:55:50 ハイル・コリヤダ(ロシア=3位)
21:04:10 宇野昌磨(日本=2位)