海南省三亜市の三亜鳳凰国際空港に6日午後、ロシアのモスクワからの直行便UT725便が到着したことにともない、国際的な観光地である海南島を訪れた外国人観光客数が延べ100万人を突破した。

写真拡大

海南省三亜市の三亜鳳凰国際空港に6日午後、ロシアのモスクワからの直行便UT725便が到着したことにともない、国際的な観光地である海南島を訪れた外国人観光客数が延べ100万人を突破した。中国新聞網が伝えた。

【その他の写真】

海南省は目標としていた「2020年までに海外からの年間観光客数の延べ100万人突破」を3年前倒しで達成した。(提供/人民網日本語版・編集/TK)