目指すはグランドスラム!テニス界期待のエンジェルに注目

写真拡大

12月8日(金)放送の『スポーツクロス』(BS朝日、毎週金曜23:24〜)は、テニス界期待の星、中学生アスリートの池田涼子選手(14歳)を特集。番組ではこれまで、小学生全国3冠を達成した松田絵里香選手や、去年、14歳以下の全国大会で初の日本一を獲得した伊藤汐里選手など、テニス界期待のエンジェルたちを数多く紹介してきたが、今回は、そんな次代を担う彼女たちと全国トップを争い何度も勝ち負けを繰り返しているエンジェルをクローズアップする。

パワフルで攻撃的なテニスを武器に全国トップレベルで活躍する池田選手。その強さを支えるのは、テニスへの熱い想いだった。本気で世界を見据え、挑み続ける池田選手は、小学生全国三冠の松田選手と同世代で凌ぎを削る全国トップクラスの選手。彼女の武器は、自分から前に出て行く“攻めのテニス”と、パワフルで多彩な“バックハンド”だ。世界最高峰の舞台・グランドスラムを目標に、早くから自立し、日々貪欲に、そして真剣にテニスに打ち込み、プロになる事を本気で目指しており、去年「富士薬品セイムス ガールズカップ2016」に挑戦し見事優勝している。

株式会社富士薬品が立ち上げた女子ジュニアサポートプロジェクト「富士薬品セイムス ワールドチャレンジプログラム」とは、「富士薬品セイムス ガールズカップ」に出場し、優秀は成績を収めた女子ジュニア選手2名を選抜。そして、12〜14歳という世界のトッププロを見据えた際に最も重要と言える3年間、年間合計4ヵ月程度、アメリカやヨーロッパを中心にした海外遠征をサポートするプロジェクトだ。

このプログラムで、池田選手はすでにアメリカなど海外遠征を多くこなし、世界の実力を肌で体感しながら、更なるステップアップを目指している。そんな彼女の本気でテニスに向き合う姿に注目だ。

また、フィールドキャスター・高柳愛実による部活応援企画「高柳愛実のGO!GO!部活」は、「神奈川県立住吉高校 チアリーディング部」の後編。住吉高校チアリーディング部“ランサーズ”は、全国制覇4回を誇る強豪。チームワークが良く、同調性の高い美しい演技が持ち味で、それを支える日頃の練習では、上級生だけでなく下級生からも積極的に意見を出し合う姿が……。さらに、試合での演技構成も選手主体で作り上げていくという。そんなチームの絆を深める秘訣に高柳が迫る。