クリスティアーノ・ロナウド、リオネル・メッシ【写真:Getty Images】

写真拡大

史上最多タイ5度目の受賞、メッシと10年間独占…“牙城”堅守に自信「再び僕らが勝ち取る」

 フランスのサッカー専門誌「フランス・フットボール」は7日、2017年の世界年間最優秀選手「バロンドール」を発表し、レアル・マドリードのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが2年連続5度目の受賞。これにより、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシと史上最多で並び、08年以降の10年間を2人で分け合うことになったが、ロナウド本人は「メッシとのバトルの継続を願っている」と意欲を述べたという。英紙「デイリー・ミラー」が伝えた。

 バロンドール授賞式。暗闇に背を向けた男は、振り返った。立っていたのは、ロナウドだった。右手には輝くトロフィーを持ち、左手で指差すと、その手を広げ、受賞回数を表す「5」を示した。表情には満面の笑み。ガッツポーズを作ると「クリスティアーノ・ロナウド!」とコールされた。

 レアル・マドリードのクラブ公式インスタグラムは「クリスティアーノ・ロナウドが5度目のバロンドールを獲得する瞬間」と題し、その模様を動画で紹介し、世界のファンと喜びを分かち合っている。

 実に5度目の受賞。2年連続の栄冠でメッシと並び、史上最多タイとなった。しかも、驚くべきは受賞歴だ。08年にロナウドが初受賞して以降、10年間を2人で分け合っている。まさに世界のサッカー界を牽引してきたレジェンド両雄。築き上げた牙城は10年という節目を迎えたが、ロナウドは譲るつもりはないようだ。

 英紙「デイリー・ミラー」は「クリスティアーノ・ロナウドがバルセロナのスターが獲得した5度のバロンドール受賞に並び、“リオネル・メッシとのバトル続行”を希望」と特集している。

ロナウド「メッシとのバトル継続を願っている」…ファンも希望「メッシとの関係は永遠に」

 記事によると、ロナウドは「僕はあと数年間、このレベルを維持してプレーしたいと思っている。そして、僕はメッシとのバトルの継続を願っている。今季もまずまずといったところだけど、今季の終わりには、再び僕たちが勝ち取っていることを目にすることになるだろう」とバトル継続に意欲を燃やし、牙城の堅守に自信を見せたという。

 さらに「今はとても幸せに感じていて、キャリアにおいてもファンタスティックな瞬間だ。長い間、この時を待っていたし、何より今年は最高の1年だった。CLを勝ち取り、リーガを勝ち取り、個人においてもCLで得点王に輝くことができた」とも語り、充実のシーズンを送ったことに満足感を感じているようだ。

 ファンも、受賞を伝えた投稿ではメッシとのライバル関係を望む声が多く上がっている。

「メッシとの関係は永遠に」
「君がいるからメッシは輝き、メッシがいるから君が輝く」
「君たち2人がサッカー界の土台だ」
「歴代最高の2人が同じ時代を過ごすことが目にできることを誇りに思う」

 このようにコメントが投げかけられていた。ロナウドは32歳。メッシは30歳。ベテランの域が近づいているが、2人の長きにわたる活躍をファンが、何より本人が強く願っている。