花澤香菜、新シングル『春に愛されるひとに わたしはなりたい』発売 一夜限りのコンサート開催も

写真拡大

 花澤香菜が、2018年2月7日に新シングル『春に愛されるひとに わたしはなりたい』を発売。あわせてジャケット写真が明らかとなった。

(関連:花澤香菜 × 北川勝利 × 山内真治が語る、4thシーズンの集大成 「UKを今のチームで切り取った」

 表題曲「春に愛されるひとに わたしはなりたい」は、作詞作曲を水野良樹(いきものがかり)が手掛けており、佐橋佳幸がサウンドプロデュースを担当。新しいスタートとなる“春”を迎える人々の背中を押すような楽曲になっているという。同曲は、12月7日23時より放送の、花澤がパーソナリティを担当する『超!A&G+「花澤香菜のひとりでできるかな?」』(文化放送)にて初オンエアとなる。また、カップリング収録の2曲は花澤自身が作詞を担当し、佐橋佳幸が作曲を行っている。

 さらに花澤は、2018年2月10日に新宿文化センターにて『KANA HANAZAWA Concert 2018 “Spring will come soon”』を開催。同公演は、「春に愛されるひとに わたしはなりたい」を披露する一夜限りのコンサートで、チケットのファミリーマート特別先行予約は12月12日0時より開始となる。(リアルサウンド編集部)