息子の同級生の小学2年生の女の子(8)を包丁で刺したとして、奈良県生駒市のパート従業員、千阪利恵容疑者(41)がきのう7日(2017年12月)に殺人未遂の疑いで逮捕された。女の子は胸などを何回も刺されて重傷を負った。千阪は容疑を認めている。

犯行現場は千阪の自宅で、午後4時ごろに女の声で119番があったという。近所の人は「千阪と警察官が玄関先で話しているのを見たが、興奮した感じはなかった」「女の子が運ばれるときに、足に血がついていた」などと話す。

2週間前に引っ越し

司会の小倉智昭「小学校2年生を友達の母親がなんで?」

千阪は2週間ほど前に同じ学区内から越してきて、近所づきあいはあまりなかったらしい。まだ電灯がつけっぱなしの千阪の家の前に田中良幸リポーターがいた。2階建ての一軒家だ。「1階の床に血痕があったそうです。息子と女の子は別々のクラスで、学校はトラブルなどがあったかは話していません」と伝える。

梅津弥英子キャスター「動機を想像できませんね」