12月7日のグランプリ(GP)ファイナル男子ショートプログラム(SP)。演技を終えた宇野昌磨は、思わず苦笑を浮かべながら舌を出した。


グランプリファイナルSPで2位発進の宇野昌磨

 最後のジャンプだったトリプルアクセルでまさかの転倒──。宇野は「うまく踏み切れなかったと思ったので、いつもより強く軸を締めたんです。それで着氷の姿勢がいつもより前過ぎたのかもしれないです……。練習ではしたことがない、試合ならではの失敗だったので、悔しさというより『ちょっと面白いこけ方をしてしまったな』と思って笑ってしまいました。試合だからアドレナリンが出ていつもより体が動いて、いつも以上のジャンプができたかもしれません」と説明した。

 この大会、宇野は”いつも以上の演技をしたい”と思うのではなく、”いつも通りの演技をしたい”と思って臨めたという。昨季の世界選手権でも口にしていた「まったく緊張はしなかったし、練習通りの演技ができた」という冷静さがあった。その心境を宇野はこう説明した。

「自分がこういう演技をしたいというのはいつも同じですけど、自分の調子が悪いとか練習をちゃんとやれていなかったりすると、それを踏まえていい演技をしなければいけないという考えになってしまっているんです。今シーズンのこれまでの試合はいつもそういう気持ちになっていました。でも、今回は練習でもやることをやって、これ以上やれることはないのではと思うくらいまでできた。いつも通りのことをやってそれで悪かったとしても、やれることをやっているのだから、それ以上はできないという気持ちでした」

「試合で久しぶりに成功した」と言って苦笑する冒頭の4回転フリップについては、これまで練習でいきなり4回転を跳んでいたのをやめて、サルコウからループ、フリップ、アクセルまで3回転ジャンプの練習に時間を割いたという。4回転フリップをやらなくても、3回転フリップでしっかり感覚をつかめるのでは、とコーチと相談し、基礎の3回転ジャンプを練習でこれまでより多く跳ぶ。体に負担がないジャンプを以前の数倍に増やすことで、ジャンプの感覚をつかもうとしたのだ。

「朝の練習で体が動かない時は、サルコウ+トーループやループ+トーループ、ルッツ+トーループというふうに全部を連続ジャンプにしていました」

 こう話すように、この日の午前中の公式練習で宇野は、曲かけの前に4回転を跳ばず、トリプルアクセルを飛んだあとは3回転サルコウ+3回転トーループ、3回転ループ+3回転トーループ、3回転ルッツ+3回転トーループ、3回転フリップ+3回転トーループを跳んでいた。宇野は「本当は3回ずつやろうと思ったけど、そこまで時間がないので2回ずつにしました」と笑う。

 その成果が表れ、SPの最初の4回転フリップはGOE(出来ばえ点)1.57の加点をもらう出来。しかし、ステップは型にハマリすぎた滑りになり、レベル4を獲得して得点には影響しなかったが、宇野自身「すごく落ち着いてはいましたが、ちょっとおとなしくてきれい過ぎたかなと思います。荒々しさというか、躍動感をもっと出せたのではないかなと思う」と反省する。 

 それでも、演技構成点すべての項目で9点台を出し、全体トップの45.47点を獲得して101.51点。ただし、タイムオーバーで減点1、トリプルアクセルの転倒でさらに減点1、この転倒によってGOEでも2.71減点されていた。つまり、トリプルアクセルの失敗がなければ、少なくともあと5点は加算されていた計算になる。その場合、自己最高の104.87点を超えることも可能な出来だったということだ。

 その宇野を上回り、103.32点でトップに立ったのはネイサン・チェン(アメリカ)。後半の4回転フリップで着氷を乱して0.69点の減点があり、冒頭の4回転ルッツ+3回転トーループは加点が0.11でトリプルアクセルは0.71の加点と正確さを欠くジャンプだった。ステップは加点を2.10にして滑りのうまさを見せてはいたが、ジャンプが完調ではないことをうかがわせた。

 宇野とチェンのふたりにとって、この大会は平昌五輪の前哨戦でもある。だが、男子をリードする羽生結弦がいないため、彼らのモチベーションも上がりきっていないことは確かだ。宇野は、初めて経験する「羽生不在のGPファイナル」の感想を聞かれ、苦笑しながら「ファイナルではなくて、普通のGPシリーズの1試合のような気がする」とも話していた。

 また、宇野は、フリーについて、シーズン初戦のロンバルディア杯で成功させた4回転サルコウを「調子が悪くてもやります」と明言。

「明日は4回転サルコウを含めて不確定要素がたくさんあるフリーになると思いますけど、できるジャンプの4回転トーループとトリプルアクセルはしっかり跳べるようにして、そのうえで挑戦を楽しみたいと思います。ここまで満足していない試合の方が多いシーズンでした。初戦で成功した4回転サルコウを入れる試合ができない状態が続いたので……。でも、今年ですべてを完成させようと思っているのではなくて、これからもどんどん成長したいと思っています。だからこそ、新しいものをどんどん取り入れて成長していきたい」

 成長したいという思いは、昨季から難度の高いジャンプ構成に挑んでいるチェンも同じだ。ふたりはともに、ここで優勝すればシニアで初の世界タイトル獲得となるが、勝つことよりも挑戦を優先しているのは、「追いつき追い越したい」と思っている羽生結弦という存在がいるからだろう。平昌五輪での羽生への挑戦権──それを得るための宇野とチェンの戦いが、フリーで繰り広げられる。

◆スゴ技の美少女5人が火花を散らす、ロシアはジュニアも、おそロシア>>

フィギュアスケート 記事一覧>>

■フィギュアスケート特集ページ>>