オランダのスタートアップが、トイレ中にモニターに広告を表示することができるスマート便器「Mr.Friendly」を発明しました。Mr.Friendlyは遠隔操作可能なので表示する広告は自由に切り替え可能で、便器が使用されていることを検知すると、モニター上に広告を表示します。

Mr.Friendly | Waterloze urinoirs

http://mrfriendly.nl/en/

This smart urinal will show you ads while you pee - The Verge

https://www.theverge.com/2017/12/7/16747436/mrfriendly-smart-urinal-ads-sigh

Mr.Friendlyを開発するスタートアップによると、小便器は「男性の注目を40秒間も捕らえることが保証できるもの」とのこと。この40秒間を有効に生かすための手段がスマート便器のMr.Friendlyで、トイレに来た男性は他にやることがないので用を足しながら広告を見てしまうというわけ。

Mr.Friendlyの公式サイト上には「人が情報を得るのにベストの瞬間は、どこにも逃げられず他のこともできないタイミングであり、その瞬間はメッセージを受け取るしかなくなります」と書かれており、トイレで用を足している瞬間こそまさにベストのタイミングというわけです。

これがMr.Friendly。一見普通の小便器に見えますが、便器上の通常は人感センサーなどがついているエリアにモニターがついていて、ここに広告が表示されます。



実際にMr.Friendlyに遭遇したという人もSNS上に存在しますが、センサーの不具合か正常に動作していなかった模様。



なお、Mr.Friendlyはオランダとアメリカの複数のトイレに配備されています。