謎めいた雰囲気や理解できない奇行から「宇宙人」とも呼ばれる、鳩山由紀夫氏との結婚生活とは?

TBSテレビ系列で毎週金曜夜7時から放送中の「爆報!THEフライデー」。かつて芸能界・スポーツ界で輝いた有名人、しばらく鳴りを潜めたあの人の“今”を徹底取材するバラエティ番組である。転身、結婚、闘病、借金、離婚――そこには誰も知らない人間模様が隠されている。

ファーストレディだった鳩山幸さんは今?

12月8日(金)のオンエアに登場するのは「総理を支えた妻」。就任当初の内閣支持率は72%と高かったが、19%にまで急降下した第93代総理大臣・鳩山由紀夫(現在は改名して「友紀夫」)さんの妻・幸(みゆき)さんである。

鳩山の家柄は政界でもトップクラスの名門一族、日本有数の資産家だ。衆議院議長を務めた曽祖父・和夫氏をはじめ、祖父は自由民主党の初代総裁、総理大臣も務めた一郎氏。父も元参議院議員で、弟は昨年亡くなった元法務大臣の鳩山邦夫氏である。その名門一家に嫁いだ幸さんは、元宝塚女優という華麗な経歴を持つ。

夫・由紀夫さんの政界引退から5年。ファーストレディだった幸さんは今どんな生活を送っているのか?

取材班がやってきたのは彼女が暮らしている東京・田園調布。ひときわ目を引く彼女こそ現在74歳の幸さんだ。今も当時と変わらずエレガントなままである。駅から歩くこと5分、そこには鳩山家の邸宅がある。敷地面積は約250坪。高級住宅街だけあって、土地代だけでも推定5億円以上という。


ゴミ出しをする幸さん

「(自分で)ゴミ捨てもやられるんですね?」(スタッフ)

「もちろん!」(幸さん)

玄関は広々。金箔の上には絵画の曼荼羅がある。実はこれ、中国の高名なお坊さんから贈られたもので値段が付けられないほど高価な代物らしい。

奥の部屋へと進むと、来客をもてなす応接間がある。約20畳のその部屋にはグランドピアノが置かれているほか、部屋の隅には幸さんが作ったステンドグラスの照明や高級感のある置物が至る所に飾られている。来客用のダイニングルームもある。

1人息子の紀一郎さんは大学の准教授となり、すでに自立しているため5LDKの大豪邸で夫と2人優雅な夫婦生活を送っている。

名門一家の夫である由紀夫さんと幸さんは、どうやって出会ったのか? 実は2人の出会いを週刊誌はこう報じた。

「不倫略奪婚」

いったいそれは、どういうことだったのか。

政界屈指の御曹司がバツイチ女性と結婚

1943年、新聞記者として働く父の次女として幸さんは誕生。神戸に暮らしていた。「これからの時代は女性も英語力が必要だ」という両親の考えのもと、幼い頃から英語を学んで育った。家族4人、裕福に暮らしていたが、10歳の時に父親ががんで他界。以降、母と姉との3人暮らしとなる。

そんな家庭環境の中、幸さんは規律の厳しい小学校に入学。そこで一風変わった存在感を放つ。校則で髪型は「三つ編み」か「おかっぱ」と厳しく決められていたのにもかかわらず、幸さんは1人だけ校則違反のマッシュルームカットで登校していたという。

「私は結構、自分の好きなように動いていたので、困った生徒だなと思っていたと思います……」(幸さん)

幸さんは幼少期から自分の意志を曲げないガンコな気質。この性格がのちに彼女の人生を良くも悪くも大きく左右させる。

1959年、16歳で宝塚音楽学校に入学すると、娘役として6年間活躍。そして退団後の1969年、26歳の時にある男性との出会いがあった。

「僕の知り合いで、結婚相手を探している人がいるんだ……」(知人)

「(お見合い写真見て)へ〜!」(幸さん)

「お見合いしてくれる人いないかな?」(知人)

「う〜ん、あっ! ねえ、これって私でもいいの?」(幸さん)

軽い気持ちでお見合いした幸さん。相手は料理人だった。その男性とは1年の交際後に結婚した。そう。実は幸さんは由紀夫さんとの前に一度、結婚していた。

そんな幸さんが、その後、由紀夫さんとどう出会い結婚に至ったのか。実はそこには、いくつもの不思議な出来事があった。

最初の結婚で幸さんはアメリカで日本料理店を経営する男性に嫁ぐため渡米。得意の英語で難なく店に立ち、海外生活も順調にスタートしていた。

そんなある日のこと。幸さんが日本に一時帰国した際、知り合いから1人の青年を紹介される。

「近々、アメリカの大学に留学するので、なんか困ったことがあったら相談に乗ってあげてほしいんだよね……」(知人)

「ええ、もちろん……幸です! よろしくね!」(幸さん)

「よろしくお願いします。鳩山です」(由紀夫さん)

なんとも不思議な空気をまとった青年。それが当時22歳、東大工学部を卒業後、スタンフォード大学への留学を控えていた由紀夫さんだった。

「印象というのはあんまりなくて、細くて背の高いひょろひょろとした人」(幸さん)

するとその数日後、幸さんの身に次々と不思議なことが起こる。幸さんがアメリカに戻る飛行機に乗ると、何とそこには渡米する由紀夫さんが。偶然同じ飛行機に乗り合わせたのだった。

その後2人は会わないまま1年半の月日が流れた。その間、幸さんは夫と価値観のズレから亀裂が生じ、離婚を前提に別居生活を開始する。

由紀夫さんは同じアメリカとはいえ、幸さんの家からは50kmも離れた場所に住んでいたが、そんなある日、またしても幸さんの身に不思議な出来事が起こる。

「どうも鳩山です」(由紀夫さん)

偶然、幸さんが住む町に買い物に来ていたのだという。それにしても、の偶然に驚く2人。その頃、幸さんは夫と価値観のズレから亀裂が生じ別居、そして離婚が成立。幸さんは1人で暮らしていたが、毎週末、鳩山さんが50km離れたスタンフォードから通ってくるようになった。

「毎週末に来ることになって……もう家賃もったいないし一緒に住みましょうみたいな……」(幸さん)

幸さんの家に由紀夫さんが転がり込む形で、2人のルームメート生活が始まった。そして、由紀夫さんが大学を卒業した1975年、幸さんは2回目の結婚へ。週刊誌には幸さんが一方的にアプローチした「不倫略奪婚」と報じられていたが、実は一方的に熱を上げたのは由紀夫さんのほうだった。

ただ、結婚した後にも新たな課題が持ち上がる。幸さんが嫁いだのは超名門の鳩山家。その家を実質取り仕切りゴッドマザーとまでいわれていたのが由紀夫さんの母・安子さんだった。安子さんはブリヂストンの創始者である石橋正二郎氏の長女だ。

義母は100%すばらしい人でした

そんな2人の間で不仲説がうわさされる。

実際、アメリカで挙げた結婚式の参列者は、名門鳩山家からは母・安子さん1人が出席しただけで、ほかはゼロ。実は当時、幸さんはあらぬ「不倫略奪婚報道」を取りざたされ心を痛めていた。

「反対の声もあったと思いますよ。ブラックメールというのでしょうか。私の悪いことを書いた手紙が……よく義母のところにいって……」(幸さん)

なんと、幸さんへの誹謗中傷の手紙が鳩山の実家にまで届いていた。手紙を見た安子さんは、「あることないこと書いて、バカな手紙ね! おかしくなっちゃう」「一応そっちに送るから見たら捨ててね」(安子さん)と笑い飛ばす。

義母・安子さんも名家に嫁いだ身、幸さんの気持ちを誰よりも理解してくれていた。

「ハハハハって笑ってたし、義母はそういうのは全然気にしないので。本当に100%すばらしい人でした」(幸さん)

実はアメリカの結婚式も、由紀夫さんの父や弟は議会のため出席できなかっただけ。「鳩山幸vs.ゴッドマザー安子」。嫁姑不仲説はまったくのデマだった。


鳩山由紀夫の奇抜すぎるナゾのファッションから、週刊誌がこぞって取り上げたオカルトなうわさや奇行まで。今夜12月8日(金)夜7時放送の「爆報!THEフライデー2時間スペシャル」(TBSテレビ系)で明かされる

その後、1986年、夫が39歳のときに衆議院選挙の出馬を決意。あれよあれよという間に2009年に内閣総理大臣となる。

「胸がいっぱいで涙が出てきました」(幸さん)

しかし、この後思わぬ地獄が待っていた。それは支持率の急降下だ。就任当時の内閣支持率は72%もあったが、わずか数カ月でなんと19.1%まで急降下する。

その原因は「母からの9億円偽装献金問題」だった。母・安子さんがおよそ9億円の政治資金を由紀夫さんに提供。それが公の収支報告書に記載されず秘密裏に行われたため偽装献金、脱税の疑いがあるとされた問題だ。

総理大臣を辞任に追いやったカネ問題!

「国民のために使うおカネを母からもらって、母は子どもがそういう目的を持っていたら、助けてやろうと思うのが親子ですし、どこが悪いの?って感じで」(幸さん)

この問題がきっかけで2012年。

「私の不徳の致すところ……」(由紀夫さん)

就任からわずか8カ月で総理を辞任。その後夫は政界を引退し、政治の表舞台から姿を消し、今はアジアの国々に招かれ平和運動を行っている。

そんな由紀夫さんには、世間でささやかれ続けた最大の謎が! それが「周囲が理解できないナゾの奇行」「オカルトめいたうわさ」など、鳩山由紀夫「変人説」だ。中でも理解できないのがファッション。いったいなぜ、独特なファッションに身を包んだのか。

実は……「私がプロデュースしました」(幸さん)


鳩山由紀夫の奇抜すぎるナゾのファッションから、週刊誌がこぞって取り上げたオカルトなうわさや奇行まで。今夜12月8日(金)夜7時放送の「爆報!THEフライデー2時間スペシャル」(TBSテレビ系)で明かされる

なんと幸さんのコーディネートだったのだ。それにしても、なぜあんな奇抜なファッションに? もともと由紀夫さんはファッションに無頓着。これでは政治家として、いまいちパッとしない。こう考えた幸さんが私服からスーツまですべてのファッションをコーディネートすることにした。

これが着てみると意外に似合い、世間に明るい雰囲気を印象付けた。

政界引退から5年…“宇宙人”鳩山夫婦は今…?

現在70歳となった元総理大臣・鳩山由紀夫氏を直撃した。

「女房をいろいろと演出していただいてありがとうございます」(由紀夫さん)

不思議な空気が漂う中、せっかくなので元総理にも疑惑を直撃することに。鳩山由紀夫といえば、謎めいた雰囲気や理解できない奇行から世間やマスコミに……こんなあだ名で呼ばれていた。

「宇宙人」

そのことについて本人に聞くと、「宇宙人」から見た地球上の人間は、国境など関係なくすべてが同じ「地球人」。だからこそ、宇宙人の目線で地球を見ることで「全人類が仲良くするのが最もいいこと」だという。

「そういう意味で私は宇宙人といわれているんだと思うんですけど、抵抗がないんです。『いいじゃないすか』。宇宙人と呼んでください」(由紀夫さん)


鳩山由紀夫の奇抜すぎるナゾのファッションから、週刊誌がこぞって取り上げたオカルトなうわさや奇行まで。今夜12月8日(金)夜7時放送の「爆報!THEフライデー2時間スペシャル」(TBSテレビ系)で明かされる

週刊誌でささやかれた宇宙人説は、真実らしい。そんな鳩山夫婦は現在、東アジア共同体研究所の理事長を務めている。さらに、選挙公約で明言しつつかなわなかった「米軍・普天間基地の県外移設」の罪ほろぼしの意味を込めて「辺野古移設」の反対運動に参加している。


鳩山由紀夫の奇抜すぎるナゾのファッションから、週刊誌がこぞって取り上げたオカルトなうわさや奇行まで。今夜12月8日(金)夜7時放送の「爆報!THEフライデー2時間スペシャル」(TBSテレビ系)で明かされる

一方、幸さんは今、超ビッグな女性たちとコーラスグループを作り活動中! そのメンバーとは……アン・ルイスの「六本木心中」、小林明子の「恋におちて」などで知られる作詞家・湯川れい子さん。日本初の女性海外特派員を務めたジャーナリスト・下村満子さん。幸さんと同じ元総理夫人の細川佳代子さん。これぞまさにファーストレディの戯れといえる。

鳩山幸74歳は夫を支え、今も充実した人生を送っていた。