『2017FNS歌謡祭 第2夜』にAqours、モー娘。1期生ら追加 SPコラボ含むアニソンメドレーも

写真拡大

 12月13日午後7時から放送の『2017FNS歌謡祭 第2夜』(フジテレビ系)の出演者が新たに追加された。

(関連:欅坂46 平手友梨奈、平井堅「ノンフィクション」のコラボ相手になぜ選ばれた?

 今回発表されたのは、アキラ100%、Aqours、高橋洋子、モーニング娘。1期メンバー。モーニング娘。1期メンバー5人は、1999年4月18日に福田明日香が卒業して以来、中澤裕子、石黒彩、飯田圭織、安倍なつみ、福田が約18年ぶりに揃い、メジャーデビュー前に手売りした「愛の種」を披露する。

 さらに司会の森高千里が、90年代のライブを再現した衣装で「臭いものにはフタをしろ!!」、「ミーハー」、「ハエ男」の3曲メドレーをパフォーマンス。アキラ100%はT.M.Revolution・西川貴教とコラボする。

 また、話題のアニソン名曲メドレーとして、Aqoursが歌う「青空Jumping Heart」(『ラブライブ!サンシャイン!!』)、高橋洋子と水樹奈々が歌う「残酷な天使のテーゼ」(『新世紀エヴァンゲリオン』)、どうぶつビスケッツ×PPPが欅坂46と歌う「ようこそジャパリパークへ」(『けものフレンズ』)、平野綾と山本彩と松村沙友理で歌う「ハレ晴レユカイ」(『涼宮ハルヒの憂鬱』)などの歌唱が予定されている。(リアルサウンド編集部)