OP主題歌「7 Senses」/画像はAmazonより

写真拡大

TVアニメ『Wake Up, Girls!新章』の主題歌などの複数の音源が、マスタリング前の状態で配信されていたことが明らかになった。

【『Wake Up, Girls!』マスタリング前の主題歌を配信 「7 Senses」など4曲の画像・動画をすべて見る】

対象曲は、11月29日に配信されたアニメ主題歌「7 Senses」と「雫の冠」、および「タチアガレ!6人ver.」と「同じ夢を見てる」の4曲。


公式サイトではお詫びを掲載するとともに、12月4日以前に購入した人に対して、再ダウンロードをアナウンスしている。

大変恐れ入りますが、2017年12月4日以前に購入されたお客様につきましては、購入された配信サイト様のサポートセンターにお問い合わせいただく、もしくは下記の様な再ダウンロード等のご対応をお願い申し上げます。 11/29配信『7 Senses』『雫の冠』『タチアガレ!6人ver.』『同じ夢を見てる』再ダウンロードのご案内とお詫びより

ちなみに、マスタリングとは、CD収録前に、楽曲の音質や音量などを最終調整する行為を指す。

『Wake Up, Girls!』とは?

2014年1月、劇場版と同日から放送されたTVシリーズとして始まった『Wake Up, Girls!』。2015年には2本の劇場版『Wake Up, Girls! 青春の影』『Wake Up, Girls! Beyond the Bottom』が公開された。
7分で分かる「Wake Up, Girls!」


東日本大震災を受けて、東北地方を舞台にした同作は、監督に山本寛さん、脚本に待田堂子さん、キャラクターデザインに近岡直さん、音楽に神前暁さんといったスタッフが集結。

主要キャストはプロダクションに所属していない一般人を対象に、81プロデュースとエイベックスが共同開催したオーディンションから選出。

7人は劇中と同名の声優ユニット・Wake Up, Girls!としても活動しており、作品をきっかけとして、最近では他作品の主題歌を担当するなど、本作に止まらない成長を遂げてきた。

2017年10月からは、新シリーズとして『Wake Up, Girls!新章』を放送中。
Wake Up, Girls! 新章 PV”新章ハジマル篇”


山本監督をはじめ、第1期からスタッフや制作会社が変更されたことに加え、放送開始から楽曲クレジットの掲載漏れが発生している。