“デュエル”に対する強い思いを語るG大阪MF井手口陽介「毎試合誰にも負けない感覚でやっている」《EAFF E-1サッカー選手権》

写真拡大

▽日本代表は7日、8日から開幕するEAFF E-1サッカー選手権2017に向けて都内でトレーニングを行った。

▽トレーニング終了後、MF井手口陽介(ガンバ大阪)がミックスゾーンで記者の取材に応対。チームメイトでもある今野泰幸とのコンビについては「2人とも気を遣いながら」と通常運行することをコメントした。

◆MF井手口陽介(ガンバ大阪)

──対戦相手の情報などは入っているか

「まだ、今日の昼に見たばかりなので、詳しくはわかりません。球際は激しくくると思いますし、チーム全体でアグレッシブに戦ってくると思います」

──自身の得意な戦い方に持っていけると思うが

「そこは毎試合誰にも負けない感覚でやっているので、北朝鮮戦に出たらしっかりとやりたいです」

──欧州遠征から残っている選手が少ない中、チームに還元する役割もあるかと思うが

「そこはあまり意識したことがないです。(昌子)源くんとかに任せる感じです。誰も、そこは意識していないです」

──今野泰幸選手とコンビを組む可能性もあるが、代表の舞台でやるというのはどうか

「いつもやっているので、そこは2人とも気を遣いながらですね。2人だけでないと思うので、中盤で声を出し合って、コミュニケーションをとりながらやっていけたらと思います」

──2人のところでボールを奪えたら大きなチャンスになると思うが

「中盤でボールを奪ってショートカウンターというか、縦に早い攻撃が求められていると思うので、それができたら一番いいと思います」

──今シーズンを振り返って

「色々な経験をさせてもらったので、自分に自信がついて来ました。そういった経験があったから、ちょっとでも自分は成長できたと思います」