「あかんたれ」(テイチクエンタテインメント)

写真拡大

 恒例の漫才日本一決定戦『M-1グランプリ2017』(テレビ朝日系)の決勝が3日に放送され、出場資格ギリギリとなる結成15年のとろサーモンが悲願の優勝を飾った。

 だが、ネット上で「真のM-1王者」と呼ばれているのは、審査員の上沼恵美子だ。冒頭でさっそく「去年もやらしていただいて、ネットの書き込みで、顔が白いって……。だから今日は素顔で来ました」と、自らタブーネタに触れ、会場を盛り上げた。

 昨年、低評価だったカミナリには、今年「90点」を付けた。上沼は「今日のネタはとっても好き!」と評価しつつ「ただ、叩いて笑いがこない。あのドツキはいるんやろか。叩いてから突っ込むというのはいらないと思う、くせになってる。これ(ドツキ)なしで突っ込んでも笑いは来ます」と公開説教。

 最下位に終わったお笑いコンビ・マヂカルラブリーには、さらに痛烈だった。感想を求められ、はっきりと「好みじゃない」「なんで決勝に上がれたの?」とダメ出しを連発。ネット上は「上沼恵美子、怖すぎる……」「マヂラブかわいそう」という声であふれ返った。

「出場芸人を食う存在感を見せつけましたね。関西ではアレが普通。M-1の視聴率は関東地区が15.4%(ビデオリサーチ調べ、以下同)なのに対し、関西地区は24.0%を記録。関西の視聴率が例年以上に伸びたのは、上沼さんパワーもあったと思いますよ。マンネリ化している東京の番組には、上沼さんのような“劇薬”が必要なのかもしれません」とはテレビ関係者。

『M-1』終了後、上沼は酷評したマヂラブに話し掛け、アドバイスを送っていたという。番組関係者の話。

「他の芸人からは、マヂラブに対し『おいしすぎるやろ!』という声がほとんどでしたね。『あの上沼恵美子に公開処刑されたコンビ』で売り出すことができるわけですから。一夜にして、おいしい営業ネタを手にすることになりました」

 マヂラブの2人は、翌4日に行われたPRイベントで前夜を振り返り「なんであんなことになってしまったんだろう」「とんでもない1日でした。なんかもう、激変」と、さっそくネタにしまくっていた。優勝者以外にもさまざまなドラマが生まれる『M-1』。来年は、誰が“おいしい”目にありつけるだろうか?