Googleがウェブブラウザ・Google Chromeの最新安定版「63.0.3239.84」をリリースしました。大きな新機能の追加はありませんが、脆弱性が37件修正されています。

Chrome Releases: Stable Channel Update for Desktop

https://chromereleases.googleblog.com/2017/12/stable-channel-update-for-desktop.html



最新版「63.0.3239.84」にアップデート済みの画面。



2017年9月時点では、個別のサイトで音声をミュートにするオプションの追加が予定されていましたが、見送りとなったようです。

Chromium Blog: Unified autoplay

https://blog.chromium.org/2017/09/unified-autoplay.html

今回は主に開発者向けサポートの充実と脆弱性修正が中心。危険度が4段階で最も高い「Critical」が1件、2番目に高い「High」が6件など、合計37件の修正が行われました。