「ナカイの窓」(日本テレビ系)

写真拡大

12月6日放送の「ナカイの窓」(日本テレビ系)にアンゴラ村長(にゃんこスター)らがゲスト出演。ベテラン女性芸人や中居正広たちとのジェネレーションギャップが浮き彫りになる場面があった。

【写真】ココリコ遠藤の「ガラケーを使い続ける理由」に“いい話”と拍手!

この日のテーマは「昭和VS平成 女芸人SP」で、アンゴラ村長は平成生まれの女性芸人の一人としてスタジオに登場。

10月に開催された「キングオブコント2017」で準優勝してブレークを果たしたにゃんこスターだが、アンゴラ村長は4月から新卒採用で一般企業に就職もしている。

「OLしながら芸人をやってて」と話すアンゴラ村長に、若い頃から芸人一筋のモモコ(ハイヒール)らベテラン勢は「考えられない」と驚きの表情。

続けて、仕事の内容についてアンゴラ村長が「ネットショップの構築とコンサルタント」と説明すると、昭和生まれのモモコは「ひらがなで喋って!」と突っ込む。

さらに、OLとして働きながらわずか5か月後に準優勝してブレーク、という経歴を聞いたモモコは「(キングオブコントで優勝した)かまいたちの気持ちになれよ…」と、アンゴラ村長を諭すようにつぶやいてしまう。

また、昭和生まれの中居も、平成世代の女性芸人とはトークが噛み合わない様子。

スマホやインターネットについての話題になり、中居は「ガラケーだね」「LINEやったことないです」「パソコン持ってないです」と連発。

平成世代の芸人・たかまつななから「どうやって生きてるんですか?」と聞かれた中居は、即座に「元気に生きてる!」と、目を見開いて反論していた。

次回、12月13日(水)放送予定の「ナカイの窓」は「師匠と弟子 第2弾」。(ザテレビジョン)