篠原ともえ

写真拡大 (全9枚)

タレントの篠原ともえが、7日の都内で、minne(ミンネ)による授賞式『ハンドメイド大賞』にゲスト参加した。

そこでは「ステージ衣装も手掛けるなど、デザイナー兼アーティストして活動されています」と紹介された、篠原。特別審査を行い、作家:FABBRICAさんの「手刺繍とアップリケのサイコロ」を見つけて、個人賞を贈った。

3回目の開催となった授賞式。ノミネート作品の中から、目に留まった理由として「見て可愛らしい、触っても気持ちイイし、面白いのが、振るとリンリンって鈴が鳴るのです。赤ちゃんのため、五感で楽しめるところが気に入りました」と説明した。

▼ 個人賞のフォトセッションより

(左から)篠原ともえ、作家のFABBRICAさん


▼ FABBRICAさんの作品「手刺繍とアップリケのサイコロ」


▼ 刺繍部分の拡大写真


賞を受け取ったFABBRICAさんは、制作期間の質問を受けて「家事の合間にちょっとずつ…1か月ぐらいかかりました」と振り返った。その答えに、篠原は「心が温まります」とコメント。その後も質問を続けていた。

篠原は、昨年に引き続きゲスト審査員を務めた。自身の作品づくりには、「手作り仲間が集まる会場ですから、私も張り切って手作りのお着物…クリスマスカラーになっております」と話し、クルクル回って多くのフラッシュを浴びた。





司会者から「とても素敵です〜」と声が上がって、拍手が大きくなると、満面の笑み。「私のばあちゃんもお針子さんでして、また、母も手作りが好きな性格で、そのDNAを受け継いでおります」と明かした。

「なので、私も手作りが大好き。皆さんとお仲間です。一緒の仲間になりましょう」と呼びかけ、会場を和ませていた。

なお、授賞式の途中には、同社のCMキャラクター・佐々木希も登壇。先月23日から公開中のCM撮影、現場エピソードを話題にしていた。

▼ CMキャラクター・佐々木も登壇した

佐々木希




■関連リンク
minne『ハンドメイド大賞2017』 - 案内WEBページ