須本光希【写真:Getty Images】

写真拡大

ジュニアGPファイナル男子、須本はノーミス演技で自己ベスト77.10点

 フィギュアスケートのジュニアグランプリ(GP)ファイナルが7日に開幕。男子ショートプログラム(SP)で須本光希(浪速高)が自己ベストを更新する77.10点をマークし、3位につけた。

 須本は11月の全日本ジュニアで初優勝。勢いに乗って挑んだジュニアGPファイナル、16歳はSPからノーミスの演技を披露し、3位発進を決めた。