【詳細】他の写真はこちら

WOOYOUNG(From 2PM)の日本全国ツアー『Solo Tour 2017 “まだ僕は…”』のファイナル公演が、12月5日・6日、東京・日本武道館にて開催された。

今回の全国ツアーは、オリコンウィークリーチャート2位(10月23日付)を記録した2ndミニアルバム『まだ僕は…』を引っ提げ、名古屋を皮切りに全国6ヵ所13公演を開催。ツアーファイナルの日本武道館は開演前から熱気に包まれていた。

歓声に包まれるなか、バンドアレンジされた「THE BLUE LIGHT」でWOOYOUNGがステージへ登場し、ライブがスタート。「MORE」「Letting You Go」と骨太なバンドサウンドに乗ってWOOYOUNGの真っ直ぐなボーカルが会場を包む。

最初のMCで「今夜は最後の夜です! 悔いのないように楽しみましょう!」と話すと、観客の持った青いペンライトが大きく揺れた。

今回のアルバムのタイトルにして、ツアータイトルでもある「まだ僕は…」から、「AND END」「Give Up」「Only Girl」とスロージャムな曲が続き、ボーカリストとしての新しい一面を披露。

その後、シンプルな白シャツの衣装に着替え、「STAND BY ME」「I CAN’T BREATHE 」「二人だけ」とバンドとのセッションを楽しみながら自由に動き回り、ステージ上の空間を自ら演出していく姿はエンターテイナーそのものだ。

ライブ後半はWOOYOUNGらしいキレのあるダンスで「2NITE」「Going Going」と、前半とは180度違う盛り上がりに会場の熱気は一気にヒートアップ。

そしてDJ Timeでは自身のソロ曲や、2PMの曲をMIXして場内を揺らし、「Superman」「DJ GOT ME GOIN′ CRAZY」「Party Shots」「Yo モリアガッテ Yo」で会場のボルテージは最高潮に達し、大興奮のままに本編を終えた。

アンコールで再び登場すると、「ハンパない」ではフリースタイルによるダンスで会場と一体となってパフォーマンス。

そしてラストで、2PMのアルバムにWOOYOUNGが楽曲提供し、日本ツアーでも披露された「想像してみて」のコンサート映像がLEDに映し出されると場内からは大歓声が。WOOYOUNGも当時を再現するダンスを魅せるなど、「2PMのWOOYOUNG」という意志を改めて感じることができる演出も盛り込まれ、割れんばかりの拍手が沸き起こる中、ライブ本編を終えた。

WOOYOUNGは、最後の曲として「天の川 〜GALAXY〜」を披露。最後のMCでは「また、この武道館で会いたいです!」と締めくくった。

これまで以上に観客に寄り添ったライブを見せたWOOYOUNG。全13公演の今回のツアーを通じて、エンターテイナーとしての力量をアップさせたことは間違いない。

なお、この模様はフジテレビNEXT/NEXT smartにて、2018年2月11日21時より放送予定となっている。

<セットリスト>

M-1. THE BLUE LIGHT

M-2. More

M-3. Letting You Go

MC

M-4. まだ僕は・・・

M-5. AND END

M-6. Give Up

M-7. Only Girl

Band Bridge

M-8. Chill Out

M-9. LAZY DAZY

MC

M-10. STAND BY ME

MC

M-11. I CAN’T BREATHE

MC

M-12. 二人だけ

Band Bridge

M-13. 2NITE

M-14. Going Going

MC〜DJ Time

M-15. Superman

M-16. DJ GOT ME GOIN′ CRAZY

M-17. Party Shots

M-18. Yo モリアガッテ Yo

アンコール

EN-1. ハンパない

EN-2. 想像してみて

W-EN.天の川〜GALAXY〜

リリース情報



2017.10.11 ON SALE

MINI ALBUM『まだ僕は・・・』

2PM OFFICIAL WEBSITE

http://www.2pmjapan.com/