スイーツ好き必見!ヴィーガンジェラートなど46種類のフレーバーが食べ放題

写真拡大 (全5枚)

寒くたって、ぬくぬくの部屋で食べるアイスはまた格別! 暖かい室内で、素材をとことん厳選したヴィーガンジェラートを好きなだけ楽しめる……まるで夢のような京都スイーツ情報をお届け。

美味しくて体に優しいものを、食べたいだけ。


自然食をベースとしたイタリアンジェラート店として注目を集める、京都市の「プレマルシェ・ジェラテリア(Premarché Gelateria)」。イタリア大使館後援で2017年11月7日に開催された食べ放題企画の大好評を受け、同様の食べ放題プランを12月いっぱいまで延長することが決定!

有害とされる合成乳化剤を一切使用せず、国産糖類や与那国島のサンゴミネラル、スーパーフードや健康素材を使ったヴィーガンジェラートを求め、連日多くの人が来店している。

「プレマルジェ・ジェラテリア」のジェラティエーレ(ジェラート職人)を務めるのは、ヴィーガン・ジェラート・マエストロとして、日本のスイーツ界をリードする中川信男氏。自然食品の輸入販売などを長年手がけた同氏が、豊富な知識を生かして素材を厳選。「和田萬商店の和のごまブレンド&ひまわりハニー」、「プレマオリジナル オーガニックグリーンスムージー」など、ユニークなメニューが話題に。

体が冷えにくい自然派ジェラート


中川氏のジェラート最大の特徴は、合成乳化剤フリー。多くのジェラート店が乳化剤を使用する、もしくは卵(レシチン)を多用して乳化剤の代用としているなか、独自で開発した特殊な技法と植物性素材を駆使することで乳化技術を確立。


グルテンを⼀切含まないオーガニック⽞⽶餅コーンカップ


 

さらに素材すべてを吟味し、甘味料は国産の甜菜糖、甘酒、米飴をメインに使用。またスイーツを食べることで体内から減少するミネラル補給のため、多種多様なミネラルを含む与那国島のサンゴパワーをプラス。スーパーフードもレシピごとに配合を工夫し、ふんだんに活用している。そんなジェラートにはファンたちから「罪悪感を感じないどころか、むしろ元気になった」という声が寄せられているとか。

店内はポカポカ、さらに体を冷やしにくいレシピで作られているため、冬でも存分に満喫できること間違いなし。忙しさがピークに達するこの時期、罪悪感ゼロのヘルシージェラートで、体も心も満たされて!


「ジェラート食べ放題」概要


・期間:2017年12⽉の営業⽇

・制限時間:120分

・料⾦:3,000円(税込)

※料金⽀払い後、リストバンドを装着・提⽰して注⽂。

・対象商品:店内で提供のジェラート商品すべて

※飲み物は別途メニュー通りの価格

※カップ・標準コーンは料⾦内、ワッフルコーン +50円/個、焼きたてオーガニック⽞⽶カップ +100円/個


 

文:中西彩乃