画像提供:マイナビニュース

写真拡大

富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ(富士通SSL)は12月7日、オープンソース・ソフトウェア(OSS)のIoT統合監視ツール「Zabbix(ザビックス)」の導入を認定スペシャリストが支援する「Zabbixプロフェッショナルサービス」を同日より販売すると発表した。価格は個別見積もり。

Zabbixは、サーバやネットワーク機器、アプリケーションなど複数のITリソースの監視・追跡が可能なエンタープライズ向けのOSS。

「Zabbixプロフェッショナルサービス」ではこれまで培ってきた豊富な経験とノウハウを駆使し、Zabbix 認定スペシャリストがPoCや設計など初期の検討段階から構築に至るまで一連の作業を支援する。さらに日々の運用についても、Zabbix Japan LLCと密に連携した公式サポートを提供する。