画像提供:マイナビニュース

写真拡大

矢野経済研究所は12月5日、「オタク」市場に関する調査結果を発表した。調査は9月〜10月、秋葉原等で扱われることが多いコンテンツ等、主要15分野を扱う事業者および業界団体等を対象に、直接面談、ヒアリング、WEB調査、文献調査を併用して行われた。

○アイドル市場、2,100億円までに拡大

2016年度のアイドル市場規模は、前年度20.6%増の1,870億円だった。「ジャニーズ」「AKB48」グループのファン層が市場を支えるとともに、複数のアイドルグループの台頭によって市場は拡大傾向にあり、2017年度のアイドル市場規模は、前年比12.3%増の2,100億円にのぼると予測されるという。

ボーカロイド市場規模(関連商品を含む)は、2016年度は前年比4.3%増の96億円。「初音ミク」の登場を契機に市場が形成され、コンサートを始め、関連商品の発売や二次創作が引き続き活発化。食品やアパレル商品などにも使用され、またライブ活動も大規模化してきていることから、2017年度は前年比4.2%増の100億円に拡大すると予測。

また、トイガン・サバイバルゲーム市場については、2016年度は203億円だったが、2017年度は前年比3.0%増の209億円と予測。近年のブームにより、新規ユーザー層が増加していることから好調に推移していると見られ、これに伴い、トイガンも堅調とのこと。今後も新規ユーザー層の開拓や、ユーザーのリピート需要が見込まれるという。