大谷翔平【写真:Getty Images】

写真拡大

候補7球団のコラージュ画像を米メディア作成「エンゼルスが一番」「オレンジと黒が似合う」

 日本ハムからメジャー挑戦を目指す大谷翔平投手は、移籍先を7球団に絞ったと米メディアに報じられている。日米で大注目の二刀流はいったい、どの球団のユニホームに袖を通すのか。米ESPNの「SportsCenter」は公式ツイッターに実際に7球団のユニホーム&帽子を着用した“大谷コラ”画像を動画で掲載し、米ファンから「エンゼルスのユニが一番似合っている!」「オレンジと黒(ジャイアンツ)が似合うね」と様々な反応を呼び、話題となっている。

「OHTANI」はいったい、どの球団のユニホームに袖を通すのか。最終選考に残ったとされるのはジャイアンツ、ドジャース、エンゼルス、カブス、マリナーズ、レンジャーズ、パドレスの7球団。「MLB期待の新人、大谷翔平は球団候補を7球団に絞ったという。彼の最終決断は12月21日が期限だ」と題し、「SportsCenter」はハイクオリティーなコラージュ写真を作成した。

 7種類の“大谷コラ”を動画で公開。選手名鑑のように胸から上を捉えた大谷のユニホームと帽子が次々と入れ替わっていく。日本ハム時代は黒の帽子だったが、紺を含めた黒系を基調としているのはジャイアンツ、マリナーズ、パドレス。比較的、見慣れた印象だ。そのほかは青を基調としたドジャース、レンジャーズ、カブスと赤を基調としたエンゼルスは新鮮な印象だ。

 7種類の“OHTANIコラ”を観たファンも反応は様々だ。

ファンのイチオシは様々「どの日本人もレンジャーズとマリナーズが似合うのはなぜ」

「もちろんシカゴは世界一の都市だよ!」

「エンゼルスのユニが一番似合ってる!」

「オレンジと黒(ジャイアンツ)が似合うね」

「どの日本人選手もレンジャーズとマリナーズが似合うのはなぜだろう」

 このようにカブス、エンゼルス、ジャイアンツを推す声のほか、日本人選手が在籍したレンジャーズ、マリナーズとの親和性の高さに注目する声もあった。

 果たして、大谷の決断は――。来季、どんなユニホームを着てプレーするのか。注目が尽きることはない。