Apple TVに「Amazonプライム・ビデオ」アプリが追加、第3世代以降で視聴可能

Apple TV向けOSのtvOS11.2がリリースされました。これに伴い、第3世代以降のApple TVにアマゾンの動画ストリーミングサービス「Amazon プライム・ビデオ」アプリが用意され、インストール可能となっています。

日本でもtvOS 11.2へのアップデートが完了していれば、アプリの追加でAmazonプライム・ビデオがインストール可能になっているはずです。

Apple TV用のAmazonプライム・ビデオはもともと、2017年5月にアップルのティム・クックCEOが準備中だと発表していましたが、WWDCの場ではそれが年内に変更されていました。

Apple TV 4Kで視聴する場合は当然ながら、Amazonプライム・ビデオ内の4K HDR対応コンテンツを4K画質で視聴できます。なお、Amazonプライム・ビデオを視聴するには年額3900円(月あたり325円)のAmazonプライム会員である必要があります。

アマゾンの販売サイトでは2015年以来、いまだに(Fire TVと競合する)Apple TVは売られていません。ただ、今回のApple TVへのプライム・ビデオアプリの追加を見る限りは両社の関係がさほど冷え切っていないことを示していそうです。少なくとも、YouTubeを再生するしないで揉めているアマゾンとGoogleほどには。