シモナ・ハレプ【写真:Getty Images】

写真拡大

世界ランク1位ハレプがリフティング挑戦で話題…ファンから「女性メッシ」の声も

 女子テニスの世界ランク1位・シモナ・ハレプ(ルーマニア)がインスタグラムでサッカーボールでリフティングに挑戦する様子を動画付きで公開。意外にも上手なテクニックを公開し、ファンから「女性メッシ」の声が上がり「真のアスリート・ガールだ」「ハジやムトゥより上手い」と反響を呼んでいる。

 テニスの世界NO1は別のボールを操らせても巧みだった。インスタグラムで更新した動画で、屋内のテニス練習場に立ったハレプが対峙したのはテニスではなく、サッカーボールだった。

 ピンク色のボールを左足で蹴り上げ、スタートすると左足、右足、もも、胸と巧みに使い分けながらリフティングを重ねていく。時々、コントロールを失いかけても、すぐさまフォロー。30回、40回、50回と超えてもペースは落ちない。結果的に83回目にコート中央のネットと重なりかけたところで挑戦は終わっている。

 見事なテクニックに映像を観たファンからも感嘆の声が続々と上がっていた。

ファンから反響続々「うちのチームにこないか」「ハジやムトゥより上手い」

「ブラボー」
「マルチタレントだね」
「真のアスリート・ガールだ」
「足では左利きみたいだね!」

 さらに、サッカーファンから「うちのチームにこないか」「シモナ、サッカーをやろう」という“オファー”とともに「女性メッシ」「シモナ・メッシ・ハレプ」と例える声も。また「ハジやムトゥより上手い」とルーマニアの往年の名選手以上とジョークを交えて賛辞を送るファンもいた。

 ハレプは今年、全仏オープン準優勝を果たすなど躍進し、10月に女子シングルス25人目の世界ランク1位を達成。今や女子テニス界のトップに君臨する逸材だ。サッカーボールを操らせても一級品の運動センスは、テニスをする上でも役立っているようだ。