今回がA代表初招集となった伊東。持ち前の快足が発揮されるか。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

 E-1選手権に臨む日本代表が12月6日、東京都内でトレーニングを行なった。トレーニング後には今回が代表初招集となった伊東純也が取材に応じている。
 
 最大の武器であるスピードには絶対の自信を持つ。初めてのA代表にも気おくれするところはない。
「自分でもできると思っているので、いつも通りやれればいい。裏に抜けろとは常に言われているので、そういうところで速さを見せていきたい」
 
 こう語る柏のスピードスターは、「ちょっとレイソルとはやり方も違うんですけど、監督のやり方に合わせられるように頑張りたい」と、所属する柏とは異なるカウンター型のチームに、自身の特長をフィットさせていくつもりだ。
 
 5日に公開された実戦形式のトレーニングでは、サブ組と見られるチームに回ったが、同じ右ウイングのポジションを争うライバルにも、負けん気の強さを見せた。
「(小林)悠君は得点王を獲ったりMVPに選ばれたり、凄い選手だと思うんですけど、負けないように頑張りたい」
 
 持ち前の裏への飛び出しや縦への仕掛けが発揮されるのか。ハリルホジッチ監督が「ずっと追跡してきた」というその快足が爆発する時が楽しみだ。