コメントを発表した浅野

写真拡大

 ファンキーすぎる“パリピー親父”だった!! 大物俳優・浅野忠信(44)の父親で所属事務所「アノレ」社長の佐藤幸久容疑者(68)が先月30日、覚醒剤取締法違反(使用)の疑いで警視庁渋谷署に逮捕されていたことが5日に分かり、芸能界に衝撃が走った。「自らの意思で使ったことに間違いありません」と容疑を認めている。くしくも浅野は民放連続ドラマ初主演となった「刑事ゆがみ」(フジテレビ系)で難事件を解決する刑事を熱演中。浅野のほか人気俳優を抱える社長の驚きの素顔とは――。

 佐藤容疑者は先月30日午前2時ごろ、東京・渋谷区道玄坂の路上を歩いていたところ、渋谷署員に職務質問され、覚醒剤の吸引に使うガラスパイプをズボンの内側に隠し持っていたのが発見された。任意同行を求められ、尿から覚醒剤の陽性反応が出たため逮捕された。

 覚醒剤の使用については「自分の意思で使用した」と認め、職質前の足取りについて「どこから来たかは分からないが、友人と会っていた」などと話しているという。事務所と自宅は渋谷区内だが、職質の地点からは駅を挟んで約1キロ離れている。職質されたのは円山町のラブホテル街に程近い道玄坂2丁目交差点付近。一体こんな夜中に誰と会っていたのか。

 警視庁による職質はこの時期、ポイント稼ぎのため“強化月間”となる。繁華街とラブホ街が混在する渋谷署管内では、特に入念な職質が実施されるが、そんな中、佐藤容疑者は真夜中の道玄坂をカラフルなド派手スタジャン姿で闊歩していたという。

「決してフラフラしていたとか、ろれつが回らないとか、挙動不審だったわけではないようだ。ただ署員は、パトロール中に警官を見てギョッとするような一瞬の怪しい態度を見逃さなかったということ」(テレビ局関係者)

 佐藤容疑者とは、いったいどんな人物なのか?

 大学を卒業後、ポール牧さん(2005年死去)や石倉三郎(70)のマネジャーを経て、1996年にアノレを設立。息子の浅野のほか、加瀬亮(43)、新井浩文(38)、三浦友和と山口百恵さんの次男で俳優の三浦貴大(32)ら、人気俳優を多数抱え、経営的には問題がなかったはずだ。

 佐藤容疑者を知るテレビ局関係者によると「浅野や新井も週刊誌に私生活を撮られているが、誰よりも社長がかなりファンキーな人物。いつ会ってもテンションMAXで、芸能界でのキャリアも長いし、人付き合いもよくて、あの年でも夜中まで遊び回っている“パリピー”」。68歳にして、若者言葉のパリピー(明るくノリのいい「パーティーピープル」の略)と表現されるあたり、生半可なファンキーさではなかったようだ。

 5日昼に「FNNニュース」(フジテレビ系)で逮捕の第一報が流れ、事務所社員や浅野は初めて社長の逮捕を知ったという。

「1週間くらい連絡が取れなくなることはしょっちゅうあるので、姿を見ないからといって気に留めることはなかった」(関係者)

 息子や社員らにとっても佐藤容疑者のファンキーさは制御不能だったようだ。佐藤容疑者の逮捕で、息子の浅野のドラマやCMなどの放送に影響はなさそうだが、とんだ父親かつ事務所社長だ。

 ちなみに警察庁によると、2015年度の覚醒剤事件の年齢別検挙者で50歳以上は全体の21・1%(2324人)を占め、うち83・1%が再犯者だ。

 薬物回復施設「館山ダルク」代表の十枝晃太郎氏(47)は「高齢者が覚醒剤で逮捕されたとき、多くが初犯ではない」と、“使用歴”を推測する。

「若いころは覚醒剤を使っても普通の生活ができる。外から見分けがつかないし、職務質問もされにくい。30〜40代で耐性がつくと量が増えて精神状態が悪くなり、誰が見ても“ボロが出やすい”状態に。50〜60代になればなおさら警察の前でもしどろもどろになって、おしっこ取られちゃう」

 佐藤容疑者が使用済みガラスパイプを持ち歩いていた点も「見つからないようにしたい」という意識さえない状態だったといえそうだ。

「反省だけでは薬をやめられない。病気の側面を認めて治療の必要があり、家族もサポートするべき」と十枝氏は、浅野に今後の援助を勧めた。