積水化学工業は6日、微生物の働きでゴミから工業製品のエタノールを大量製造する技術を開発したと発表した。エタノールはエチレンに変換し、プラスチック原料として利用できる。2019年度にゴミ処理場にエタノール製造プラントを建設し、商業運転を始める。年2―4基で普及を進め、大量発生するゴミで化石資源の代替化を目指す。

 開発した技術は、ゴミ処理場で紙や繊維が混ざったゴミを蒸し、一酸化炭素と水素からなるガスを生成。そのガスを微生物に与え、エタノールを作る。微生物は米ランザテックが開発し、積水化学がエタノールを安定製造できるように改良した。ガス中の不純物除去や、ゴミ処理量の変動に追随できる微生物の管理方法なども開発した。

 埼玉県寄居町のゴミ処理場に小規模プラントを設置し、技術を検証済み。ゴミ処理場にあるガス化工程を利用でき、エタノール化に加熱や加圧が必要ない。導入しやすく、化石由来品と競争できるコストでエタノールを製造できるという。