りんごの飾り切りは「方眼切り」をマスターすればアレンジ無限大!

写真拡大 (全6枚)

りんご1つで、華やかさアップ!


りんごが安くておいしい時期になりました。ついマンネリしがち!という悩みの多いお弁当のアイデアに、りんごに方眼形の飾り切りをする「りんごの方眼切り」をご紹介します。りんごに方眼形の切り込みを入れると、市松模様からハート、リボン形までアレンジできる!という「最強の飾り切りアイデア」。りんご1つで、華やかさがぐんとアップしますよ。うさぎ形のりんごなどと違って、ユニークなアイデアが新鮮!お弁当のマンネリ感も、一気に払拭できること間違いなしです♪

市松模様からハート、リボン形までアレンジ自在!


お弁当はもちろん、これからの季節に多いおもてなしや、おせち料理などにも使えますね。いろいろなアレンジをひと皿にのせても華やかに。


弁当キャラ弁▷りんご皮むき飾り切り

by ちろる⋈

2015/11/23 話題入り♡ありがとうございます♡

お弁当やおせち料理にただりんごを入れるだけじゃなく華やかに♡

レシピのポイントは?


方眼形に切り込みを入れる

くし形切りにしたりんごに、縦に切り込みを入れ、次に横に等間隔で切り込みを入れます。


包丁をスライドさせて、皮を剥く。

包丁を横にスライドさせるように、皮を剥きます。ひとつ飛ばしで皮を剥いていくのがポイント!


列ごとに、剥く箇所と残す箇所を交互に!

一列終わったら、隣の列の皮も剥きます。皮を剥く箇所と残す箇所は、列ごとに交互になるようにすれば、方眼形が完成です!


「おしゃれで簡単!」と感動の声


つくれぽ(みんなの作りましたフォトレポートのこと)でも、「お弁当に!華やかになって、簡単で嬉しい」「華やかでオシャレですね〜♪」など、大絶賛でした!


「方眼切り」がマスターできれば、いろいろなアレンジが可能!気分やシーンに合わせて、いろいろと作ってみてくださいね。(TEXT:RIKA)