シリーズ累計1000万食の『焼そばモッチッチ』

写真拡大 (全2枚)

 一般的に、カップ麺は100万食でヒット商品といわれている。ところが、発売4か月でシリーズ累計1000万食を突破した大ヒット商品が誕生した。女性目線を取り入れることで記録的な数字を叩き出したエースコック『焼そばモッチッチ』の開発秘話をご紹介する。

 エースコックがカップ焼そばの新製品開発を始めたのは、約5年前。外食や家庭での焼そば人気は高いのに、カップ焼そばはなぜ女性に人気がないのか。かねてから、同社にとって課題になっていたのだという。実際、女性にリサーチをしてみたところ、「カップ焼そばを買うのは恥ずかしい」「ジャンク感があって食べるのに抵抗感がある」という声があることがわかった。

 そこで、男性が好むガッツリ感よりも、女性が好きな自然なおいしさを目指して、ソースの味の方向性を決めることからスタートした。中華料理店やお好み焼き店など、お店の焼そばを30種類以上並べ、十数人で試食を行い、決め手となる味を探った。試食を繰り返し、ようやくかつおの風味と紅しょうがが、手づくりの焼そばのおいしさの決め手であることを突き止めたのだ。

 また、生麺のような食感に近づけてほしい、という女性の要望にも応えた。独自製法の『真空仕立て麺』で、麺をつくる工程に、真空状態にする過程を加え、麺の密度を上げることに成功。さらに、水分の多い多加水麺にすることで、モッチリとしたかみ応えとツヤのある食感を実現。この麺の密度と水分量のバランスの絶妙さにより、手づくり焼そばのようなみずみずしい食感を再現することができた。

 さらに、ジャンク感が出ないようにこだわり、手づくり感のある味を目指したことで、油っこくないさっぱりとした味わいに仕上がった。カロリーが控えめなのもうれしい。カップ焼そばは、一般的に500kcalは下らない。高いものだと800kcal近い商品もあり、体重が気になる女性には手を出しにくかった。しかし、『焼そばモッチッチ』は1食当たり409kcal。厚生労働省から5年ごとに発表されている『日本人の食事摂取基準(2015年版)』によると、成人女性の1日のカロリー摂取基準は2000kcal前後。『焼そばモッチッチ』なら、サラダやスープなどの副菜と一緒に食べても、1食分の摂取カロリー666kcalを超える心配はないだろう。

 今年6月に発売し、わずか発売2か月半で600万食を販売。9月25日には、第2弾となる『塩焼そばモッチッチ ふわり鰹だし』も登場し、売り上げはシリーズ累計1000万食を突破した。「まるで生麺みたいなもっちもちの弾力」「パッケージがかわいい」「ボックス型容器が持ちやすい」と、女性だけでなく幅広い層に支持されているという。

※女性セブン2017年12月21日号