小田急電鉄は2018年3月中旬から営業運転を始める新型特急ロマンスカー70000形を公開し、愛称を「GSE」に決めた。前後車両に展望席を設置。車内専用のWi―Fi(ワイファイ)サービスの提供やバリアフリー対応設備も導入した。車体はバラ色を基調とした「ローズバーミリオン」。

 開発のコンセプトは、「箱根につづく時間(とき)を優雅に走るロマンスカー」。展望席は最前・後部の展望車両に各16席設置。展望窓の高さを拡大し、座席位置を調節そし眺望性を向上。先頭車両は荷棚をなくして空間を創出した。車両側面の窓の高さも従来のロマンスカーより30センチメートル拡大した。

 Wi―Fiサービスではインターネット接続環境を提供し、展望ライブ映像や沿線情報などさまざまなコンテンツを多言語対応で配信する。

 車両内は案内用の点字の設置や改良型ハンドル形電動車いすが乗車可能となる設備の導入など、ユニバーサルデザインに配慮した。ほかにも身体障がい者の対応座席を着脱式として3台の車いすの乗車を可能とした。星野晃司社長は「さらに多くのお客様にロマンスカーをご利用いただき、箱根観光してほしい」と話した。(横浜)