自力で単行本を作り、そして成功させた劇画狼さんに聞く(写真:筆者撮影)

これまでにないジャンルに根を張って、長年自営で生活している人や組織を経営している人がいる。「会社員ではない」彼ら彼女らはどのように生計を立てているのか。自分で敷いたレールの上にあるマネタイズ方法が知りたい。特殊分野で自営を続けるライター・村田らむと古田雄介が神髄を紡ぐ連載の第18回。

ふと目にした短編漫画に心を奪われたことはないだろうか?

友達の家や病院の待合室かどこかで、ふと手に取った雑誌に載っていた心に残る一編の短編漫画。「あの漫画もう1回読みたいな」と後から思っても、なかなか難しい。ほとんどの短編漫画は単行本として刊行されない。もう2度と読めないし、人にも勧められない。

そんなとき、あなたはどうするだろうか?

・素直に諦める

・掲載されている古本の雑誌を探す

・出版社に単行本を出してくれるようハガキを出す

できる行動はこれくらいだろう。

自力で愛する作家の単行本を作ってしまった


この連載の一覧はこちら

今回紹介する劇画狼さん(38)は、なんと自力で愛する作家の単行本を作ってしまった。誰もが思いつきはするが、実行する人はきわめて少ない行動だ。そして成功させるのはとてもとても難しい。

劇画狼さんは京都生まれの京都育ち。大学以降は大阪で活動している。

あべのハルカス近くの喫茶店で待ち合わせをした。現れた劇画狼さんは文化系の活動をしている人という印象はなかった。腕がやたらに太く、拳には格闘技経験者特有のキズがある。なかなかいかつい雰囲気を醸し出しているけれど、表情と口調は柔らかくてホッとした。

彼が、単行本を作るまでの道のりをうかがった。

「すごく普通の家庭環境でしたね。両親の仲もめっちゃいいし。少し変わったことと言えば父親が『息子を絶対に甲子園に行かせたい!!』と願っている人でした」

本人は野球をそれほど好きではなかったが、とにかくスパルタで野球を叩き込まれた。

「ちょっとオカルト入ってましたね。小学生のときに『これを食べたら絶対に野球うまくなるから!』って言われて、甲子園の土と神宮球場の土を食べさせられました(笑)」

欲しいものはなかなか買ってもらえなかったが、野球に関してのみ財布のひもがゆるかった。野球に関係していて、かつ楽しめるモノを探して買ってもらっていた。たとえば漫画『アストロ球団』(原作 遠崎史朗、作画 中島徳博)にはすごくハマった。

「当時、ハマっていた漫画はほかには、ゆでたまご先生の作品(『キン肉マン』など)や『魔界ゾンべえ』(玉井たけし)などですね。面白ければ何でもアリ!! という漫画が好きでした」

中学校に進学する際、『スラムダンク』(井上雄彦)(井上が流行っていたこともあってバスケットボール部に入ろうとしたが、父親はすでに軟式野球道具を買い揃えていて、

「入学までに慣らしておけ!」

と言われた。親には逆らえず、中学校3年間も野球に明け暮れた。中学3年生の夏やっと野球をやめられると思ったら、父親は硬式野球道具を買い揃えていて、

「半年間で慣らしておけ!」

と言われた。

「しかたなく高校も一応野球部には入ったんですが、さすがに好きじゃないことを続けていくのは無理だなって思いまして、高1の冬にやめました。以前からずっと格闘技に興味があったんですが、近所に格闘技ジムがなかったので、大学に入ってから始めようと決めました」

高校生の間は、格闘技に耐えうる体作りにはげむことに決めた。学校に備え付けられたトレーニングルームに入り浸って思いのまま筋肉トレーニングをしたかったが、トレーニングルームのカギは各クラブのキャプテンしか持たせてもらえないルールだった。

簡単にキャプテンになれるクラブを探すと、バドミントン部の活動がいちばん消極的だった。すぐに入部してキャプテンになった。


劇画狼(げきがおおかみ)/1979年生まれ。おおかみ書房主宰。編集者、評論家、ライター。ブログ「なめくじ長屋奇考録」を運営、「劇画狼のエクストリームマンガ学園」を連載。Twitter:@gekigawolf(写真:筆者撮影)

「バドミントンの練習は一切せず、ひたすら筋トレをし続けました。

バドミントンのラケットを振るときは、自分がどれだけスマッシュを速く打てるか試すときだけでしたね(笑)」

バドミントン部とは思えないムキムキの筋肉を携えて、大学に入学した。そしてキックボクシングのジムに入った。

『蹴撃手マモル』で描かれるムエタイがかっこよくて

「ゆでたまご先生の『蹴撃手マモル』で描かれるムエタイ(タイ式ボクシング)がかっこよくて『俺もなりたい!! 俺はトリケラトプス型のヘッドギアを着ける!!』って思って始めました。漫画内でムエタイの選手は自分を守護する動物のヘッドギアを着けると描かれていたので。もちろん漫画で描かれているムエタイはヘッドギアのこともふくめて大体ウソでしたけど(笑)」

世の中的にもK-1(打撃系立ち技格闘技の大会)が流行っていた頃で、キックボクシングも盛り上がっていた。

大学に通いながらジムに通い、基礎ができた頃にアマチュアの大会に出たらトントンと2〜3戦勝つことができた。プロテストを勧められ、受けてみたらあっさり合格。20歳でプロキックボクサーとしてデビューした。

大学は留年せず4年で卒業したが、22歳はキックボクシングの選手として脂の乗っている時期でもあり、このまま就職のためにやめるのはもったいないと思った。

卒業後はフリーターをしながらキックボクシングを続けることにした。

「アルバイトはスポーツクラブのインストラクターを選びました。理由はトレーニングマシンが自由に使えるからですね。そしてアルバイトの後、夜はキックボクシングの練習をしていました」

基本的には毎日格闘技のことばかり考えていた。もちろん漫画は好きで、高校の頃から、『漫画ゴラク』などの漫画が揃った喫茶店に入り浸って『包丁無宿』(たがわ靖之)など高校生が読まないだろう通な漫画を読んだり、人に勧めたりはしていたが、あくまでただのマイナー漫画好きの1人であって、将来自分が漫画製作に関わろうなどとはまったく思っていなかった。

熱心に格闘技に勤しんだ結果、MA日本キックボクシング連盟バンタム級で日本ランキングにも入った。

「有名選手にはなれなかったですけど、ぎりぎりプロでやってたって言えるレベルのところまではいきました。ただ、ファイトマネーは雀の涙で、生活費の足しにもなりません」

ある試合で倒れた相手を蹴り、反則負けになってしまった。モチベーションが下がったところにヘルニアが出た。しばらくは、だましだまし続けていたが、

「格闘技をやるのはもういいかな。格闘技だけが人生のすべてじゃないし」

と思い26歳のときに引退した。

「趣味は格闘技以外にもたくさんあったので、普通に仕事をして、休日は遊ぶ生活スタイルでいいやって思いました」

大阪の町工場に材料発注などをする事務方として就職した。そしてその頃に結婚した。

ただそれまで体を鍛えまくっていただけあって、昼間仕事するだけでは体力がありあまった。


2008年漫画の感想を書くブログ「なめくじ長屋奇考録」を開設(写真:筆者撮影)

余ったエネルギーを消費させるため、2008年漫画の感想を書くブログ「なめくじ長屋奇考録」を始めた。

「もともとコレクター気質なんです。珍しいモノを見つけたいのはもちろんなんですが、手に入れたモノを人に見せたい教えたいっていう気持ちが強いですね。自慢じゃなくて、純粋にみんなに面白いモノを知ってもらいたいという気持ちです」

初期は、『漫画ゴラク』や『漫画サンデー』に連載される一般漫画誌の中では独自タッチの漫画を紹介していたが、もっとより特徴的な漫画を紹介して、ほかの漫画紹介ブログとの差別化をはかりたかった。

何か面白いジャンルはないかと探していると、コンビニの雑誌置き場の端っこに置いてある、アダルト劇画雑誌とコンビニコミックを発見した。

アダルト劇画雑誌は1970〜1980年代に人気があった成人向けの漫画雑誌だ。『漫画エロトピア』『劇画アリス』『漫画エロジェニカ』など何十冊も創刊されたが、時代とともに衰退し現在は『漫画ローレンス』など数誌を残すばかりになっている。

コンビニコミックはコンビニのみで売られる小さい判型の漫画雑誌で社会の裏側のネタやオカルトのネタなどを中心に掲載している。

「どちらも存在は知ってはいたのですが、認識していませんでした。ためしにアダルト劇画雑誌を覗いてみて衝撃を受けました。まるで深海で異常進化している魚を見たような気持ちになりました」

もう何十年も注目はされていないが、1970年代からめんめんと積み重ねられてきたガラパゴス的伝統がそこにはあった。昭和歌謡をもじったテーマタイトル、季節の行事(節分など)を強引に不倫につなげる展開、など一般漫画誌にはない魅力を見つけた。

「僕は人妻、熟女といったジャンルが好きだったわけではないんです。ただ漫画の中に積み重ねられた法則を見つけたかったんです。売られているアダルト劇画雑誌は全部購入してエクセルで表を作って管理しました」

アダルト劇画雑誌とコンビニコミックを中心に紹介する「なめくじ長屋奇考録」ははたして人気ブログになった。そして現在もブログは継続中で、劇画狼さんはいまだに販売される全アダルト劇画雑誌を購入しレビューし続けている。

マイナー漫画のジレンマ

マイナー漫画を紹介しているとジレンマにとらわれた。

「皆に勧めたい面白い漫画を見つけてもまず単行本化されません。それどころか連載している雑誌自体が次々に廃刊になっていきます。やっぱり口惜しいですよね」

ただ、この時点ではあくまでブロガーにすぎない。本を出版しようとは考えてもいなかった。彼が漫画の単行本を作ろうと決めたのは、ある1つの連載漫画に惚れ抜いた結果だった。

「三条友美先生の『人妻人形・アイ』という作品が本当に好きで、単行本になるのを心待ちにしていたんです。でも連載していた雑誌が休刊になってしまいました」

この作品はどうしても単行本にするべきだと思った。ただ最初に書いたように劇画狼さんはスポーツに明け暮れた人生を送ってきた人であり、単行本の製作はまったく知らなかった。コミケに行ったこともなければ、いわゆる“薄い本”を手に取ったこともない。

そこで編集に詳しい“友人”に相談することにした。

「白取千夏雄さんに相談しました。白取さんとはブログを通して2010年ごろに知り合い、友人付き合いをさせてもらっていました」

白取千夏雄氏は、伝説的漫画誌『ガロ』(青林堂)の副編集長だった人だ。1984年に青林堂に入社した後ガロが休刊になるまで携わった。

「『人妻人形・アイ』の単行本が出版されなさそうなんだけど、僕個人がおカネを出して出版できないものですか?と聞いてみると『できなくはない』と言われました」

まずは何はともあれ作者である三条友美先生に連絡をしなさいと言われたので、編集部に連絡をした。運良く連絡先を教えてもらえたので三条先生に連絡を取った。どのように単行本にするか考えているところだと吉報が舞い込んだ。『人妻人形・アイ』が版元から正式に単行本が発売されることが決まったのだ。

「ちゃんと単行本として発売されるのが一番ですから素直にうれしかったですね。ただ僕も動き出していましたから、やめてしまうのはもったいないなと思いました。三条先生の単行本未収録のホラー短編が20本あったので、この作品を単行本化させていただけないか、図々しくもお願いしました。ありがたいことに快諾していただけました」

未経験のまま単行本を製作

そして、まったく未経験のまま単行本を製作することになった。

「白取さんに『編集を教えてください』とお願いすると、白取さんにはむしろ『広報と営業を覚えなさい』と言われました」

「大手が単行本を出さないのには、出さないだけの理由がある」と白取さんは言った。それを個人が出して、ちゃんと読みたい人の元に届くようにするのは、とても大変な作業だ。「自分で出版する」というのは誰でも思いつくやり方だが、成功するには一筋縄ではいかない。

「広報活動として、作業の裏側をすべてSNSで見せていくことにしました。プロジェクト自体をドラマティックに表現することで、読者に応援してもらえるのではないか?と思ったのです」

「レーベルを立ち上げました」「表紙が完成しました」「通販サイトを立ち上げました」

本を作る一挙手一投足を、1年がかりで見せた。「ファンが高じて、単行本を作るまでにこじらせてしまった男=劇画狼」を楽しんでくれる読者は多かった。

敬愛する三条先生の単行本を、伝説の編集者である白取さんを巻き込んで作る以上「素人にしてはよくできたね」というレベルで終わらせるわけにはいかない。商業出版と変わらないクオリティ、いやそれ以上のクオリティで出さなければ意味がない。

そしてそのうえで、出版社と同じ10%の印税を払う。

「昼間の仕事は生産管理や資材発注が中心なんです。売価に対してコストをどうかけるか、締め切りに対して生産計画をどう立てるかなどはお手のものだったので、本を作る際にも生かすことができました」

考えた末、初版は1000部に決めた。委託はほんの少しで、ほとんどは通販サイトで販売する。

そして2013年の3月、おおかみ書房としては1冊目となる『寄生少女』(三条友美)が発売された。劇画狼さんが白取さんに相談してからちょうど1年のタイミングだった。

順調に販売は進み、なんと1カ月半で売り切った。

「うれしかったですよ!! 関わった人には全員キチンとギャラを渡せました。電子書籍ならどれだけ売れなくても損は出ないかもしれないけど、やっぱり紙の本で作りたいんですよ。ただのデータではなく、宝物にしてあげたいんです。どこから見てもいいものを作りたいんです」

2013年の11月、前回未収録だった作品を集めた『アリスの家』(三条友美)を発売し、こちらは1200部を完売した。

3作目は漫画ではなく、エッセイ集に挑戦する。バンド「ロマンポルシェ。」のボーカル、掟ポルシェ先生がさまざまな雑誌で書いたエッセイをまとめた本だ。

こちらは3カ月で2000部を売った。

そして現在のところの最新刊は、『もっと! 抱かれたい道場』(中川ホメオパシー)だ。こちらは『月刊ヤングチャンピオン烈』に『抱かれたい道場』として単行本にして2冊分連載された漫画だったが、単行本は1冊しか発売されなかった。

「三条先生、掟先生とは違い中川ホメオパシー先生は半分友人のような関係でした。3人(中川ホメオパシーは2人組)で頑張って営業用の名刺を作っている感じでしたね。本を完成させるだけではなく、発売記念のトークライブまでの流れを全部作りきりました」

三条友美先生の場合、掲載雑誌が休刊になったけれど他雑誌で復活した。中川ホメオパシー先生はイベントでリイド社の編集さんと出会い新連載が決まった。

渡せた印税の料金はお小遣い程度にしかならないが、単行本の発売は作家にとって金銭以上のメリットがあったと思う。

「自分の中のモチベーションがハッキリと見えました。古くてすでに亡くなってしまった人の作品を掘り起こして発売するのではなく、今頑張っている作家さんの本を作りたい。僕が作る単行本を、仕事の起爆剤にしてほしいんです」

単行本にできない漫画を紹介するために

もちろん劇画狼さんが気に入った漫画をすべて単行本にできるわけではない。そういう作品を紹介するため、リイド社のサイト「リイドカフェ」で「エクストリームマンガ学園」という連載を始めた。

劇画狼さんが選んだ短編マンガ作品を、紹介していく内容だ。とよ田みのる(『最近の赤さん』など)、児嶋都(『怪奇大盛!!肉子ちゃん』など)、呪みちる(『チェリーモーター・ブッチャードリル』など)などなど、エクストリーム(極端・極限)な個性を持つ作家の作品をたくさん紹介している。


劇画狼さんが選んだ短編漫画作品を紹介していく「エクストリームマンガ学園」(写真:筆者撮影)

そして「エクストリームマンガ学園」で紹介した『サイコ工場』(谷口トモオ)は、リイド社から『完全版 サイコ工場 A(アルファ)』『サイコ工場 Ω(オメガ) 』として発売された。単行本には監修として、おおかみ書房のロゴを入れてもらった。

「短編や読み切りでこそ力を発揮する作家さんはたくさんいます。掲載雑誌の版元から出せればベストだけど、もしダメなら『エクストリームマンガ学園』で紹介してリイド社から販売できないか聞いてみる。それでも無理ならおおかみ書房から出す。僕が好きな存命の作家さんをより輝かすことができる。地に足がついた活動になってきているな、と感じています」

ただし現在劇画狼さんが作っている単行本は、すでに亡くなっている人の作品だ。

2017年の3月17日、劇画狼さんの友人であり師匠である、白取千夏雄さんが亡くなられた。現在は、白取さんの自伝的作品を製作している。

「原稿ができかけているところで亡くなられました。波乱の『ガロ』時代を含めて、白取さんはこんなに面白い人生を歩んでこられたんだ!!というのを皆さんに伝えられるよう編纂作業を進めています」

尊敬する人の人生を、宝物にできる劇画狼さんはとても幸せだなと思った。