シュティーガー監督解任のケルンがフェー監督を招へい

写真拡大

▽ケルンは6日、アルミン・フェー監督(56)を招へいしたことを発表した。契約期間は2020年6月30日までとなっている。

▽ケルンでは3日、昨季ヨーロッパリーグ出場に導いたものの、今季のリーグ戦14試合で未勝利が続いたことで、ペーター・シュティーガー監督(51)が解任されていた。

▽フェー監督はケルンの公式サイトで次のように意気込みを語っている。

「ケルン首脳陣との話を聞き、私は即座に興奮を覚えたよ。大きなチャレンジであると同時に、伝統あるクラブでの素晴らしいチャンスを得たと思ったね。木曜日にベオグラードでの成功を祈っているし、週末のフライブルク戦では、勝利を飾って良いシグナルを送れればと思っている」

▽2006-07シーズンにシュツットガルトを率いてリーグ優勝に導いた経歴を持つフェー監督は、ヴォルフスブルクやハンブルガーSV、フランクフルトなどで指揮を執ってきたキャリアを持つ。