草なぎ剛さん/以下の画像はすべて動画「12/6(水)12:00〜LIVE中継!草剛、イメージキャラクター就任発表!」より

写真拡大 (全6枚)

草なぎ剛さんが瞬間翻訳デバイス「ili」(イリー)のイメージキャラクターに就任しました。

【草なぎ剛、翻訳機いらずの語学力でチョナン・カンを感じるの画像・動画をすべて見る】

YouTube上での発表に続き、同日夕方からは浅草に繰り出し、外国人観光客を対象にiliの実証。いずれの模様もライブ配信されました。

チョナン・カンを彷彿とさせる草なぎ剛さんの韓国語

12時からスタートした発表会。日本語から英・中・韓国語への翻訳が可能なiliを前に、早速、韓国語を試してみる草なぎさん。
12/6(水)12:00〜LIVE中継!草剛、イメージキャラクター就任発表!


かつてチョナン・カンとして自身の番組を持ち、韓国でも活動していた草なぎさんならでは。

流暢な韓国語に、驚き、懐かしんだ人も多いと思います。余談ですが、番組ページが残っていることに、ちょっとうれしさを感じつつ(外部リンク)。

途中、翻訳してほしい言葉をTwitterで募集することに。


草なぎさんの募集ツイートには、たくさんのリプライが集まります。「吊り天井」や「冗談ハンバーグ」など、「72時間ホンネテレビ」や香取慎吾さんとのラジオ「ShinTsuyo POWER SPLASH」でお馴染みのワードも登場しました(「吊り天井」は翻訳できませんでしたね)。

番組では、開発会社・ログバーの代表である吉田卓郎さんとともに、先行販売開始までのカウントダウンを実施。

最後は草なぎさんによるギターの弾き語りで終わろうとしたところ、急遽、ギター経験ありの吉田さんの伴奏で、草なぎさんが歌うことに。

楽しそうに歌う草なぎさん。右はログバーの代表・吉田卓郎さん
ユニークなオリジナル曲を披露して、番組は終了しました。

草なぎ剛さんが浅草で翻訳機能を実証

夕方からは、iliの機能を実証するために浅草の街へと飛び出した草なぎさん。

以下の画像はすべて動画「12/6(水)17:30〜LIVE中継!草剛、ili ( イリー ) の凄さを街中で伝える!」より
冒頭には2018台限定で用意されたiliが、1時間で完売したことが明かされました。

12/6(水)17:30〜LIVE中継!草剛、ili ( イリー ) の凄さを街中で伝える!


浅草寺周辺をぶらつく草なぎさんは、積極的に外国人に声をかけていきます。韓国人に対しては、自然と韓国語でしゃべってしまうのはご愛嬌。

挨拶や旅行に関する言葉をスムーズに翻訳するiliに驚く一方、試しに「YouTuber草なぎ」を翻訳してみるなど、楽しむ姿が印象的。


徐々に人も集まってきて、終盤は日本人からたくさん声をかけられていました。中には「カレンダー買ったよ!」と言う人も(皆さんは買いました?)。

外国人へのアプローチとともに、日本の人に向けて「これiliっていうんです。#つよぽんイリーで見てみて」、写真を撮る人たちに「どんどん上げて(ネットにアップして)ください」と発言する場面も。

「72時間ホンネテレビ」同様、環境の変化──新しい地図──を改めて実感しました。

ちなみに、香取さんも興味がわいたのかもしれません。


今回の草なぎさんのように、SMAPメンバーの楽しそうな姿を今後も楽しみにしています。