“キャバクラ嬢”からお祝いが!? 林遣都、27歳の誕生日にドラマ『FINAL CUT』クランクイン

写真拡大

 亀梨和也が主演を務める2018年1月クールのカンテレ・フジテレビ系連続ドラマ『FINAL CUT』。本日12月6日に27歳の誕生日を迎えた、林遣都のサプライズ誕生日祝いが、撮影現場で行われた。

参考:栗山千明「すごく恥ずかしい」 『FINAL CUT』ヒロイン役で亀梨和也&橋本環奈と三角関係に

 同ドラマは、亀梨にとって11年半ぶりのカンテレ・フジテレビ系連続ドラマ主演作。殺人事件の犯人扱いをされた母親を亡くした男・中村慶介の復讐を描き出す。林は、亀梨演じる主人公・中村慶介の復讐のターゲットとなる番組ディレクター・小池悠人を演じている。

 林はこの日、カメラマン・皆川義和役のやついいちろうとともにクランクイン。キャバクラで行われた撮影冒頭、林とやついの名前がスタッフに紹介された後、続けざまに「そして! 本日12月6日は林遣都さんの27歳の誕生日です!」という掛け声が。すると、やついも含めた現場の全員による大きな拍手とバースデーソングの合唱の中、キャバクラ嬢役の女性たちによって誕生日ケーキが運ばれた。ケーキには“Happy Birthday 林遣都”という文字が書かれたプレートに加え、“神降臨”という文字のプレートが。

 突然の展開に驚きつつも、照れくさそうにろうそくの火を吹き消した林は、「まさか見知らぬお姉さんたちにも祝われるとは…(笑)」と冗談めかした後に、「新しい1年のスタートをこのドラマで迎えられてうれしいです!」と深々とお辞儀をして感謝の気持ちを表した。

 クランクイン当日のサプライズに、林は「見てくださる方を驚かせるような挑戦的なドラマになっていると思います。そんな作品に、27歳の始まりから参加できることがすごくうれしいです。亀梨さん演じる中村慶介とは敵対する立場ではありますが、その役割をしっかりと果たしていきたいなと思います」と、これから続く撮影への意気込みをコメント。さらに、「30歳まであと3年。30代以降の準備をしっかりとするため、俳優としていろいろなものを身に付けたいと思います。このドラマを30歳までの大事な3年の第一歩にしたいと思います!」と、俳優としての27歳の抱負を語った。(リアルサウンド編集部)